FC2ブログ

英国車・ミニ専門店 タートルトレーディング TURTLE TRADING LTD.

スペシャルショップ「タートルトレーディング」のブログ。身辺の日常的な出来ごとを発信します。

封印!

みなさま、こんにちは。
この週末、関東地方のみならず、全国的に天気が悪い様子ですね。
横浜は朝から雨。今はもの凄い暴風!うっかり窓を開けておくと、展示してあるパーツがガタガタ揺れる程ですよ。
さて、先週末は港に出向き、英国より入荷したカニ目さんをお迎えに行って参りました。
DSC02506.jpgこのコンテナ。中にはカニ目さんが扉が開くのを待っているハズ!
いつもそうなんですが、この扉を開けると、英国の香りがするんですよ。
だって、英国でこのコンテナの扉を閉めてから、次に開ける時は、そう、この瞬間の日本なのですね。大事な荷物(カニ目さん=車)ですので、運搬中は誰も開ける事もできない仕組みになっているんですよ。

DSC02507.jpgその証拠がこの画像。このコンテナの扉の開閉は、一般的なトラックのコンテナと一緒の仕組み。宅急便のトラックとも同じですね。
横になっているレバーを「ガチャッ」と上に引き上げ扉を開ける仕組みです。
でね、いま、このコンテナには封印が付いているのですね。
繰り返しになりますが、輸入商品って、途中でいろいろな人や絡んでくるでしょ?そんな時、大事な商品を物色されたりしたら大変だもの。万が一の盗難だって考えられますからね。
だから、このオレンジ色の封印がされているのです。

DSC02509.jpgDSC02511.jpgDSC02514.jpg
そして、その封印はこの画像の通り、輸入委託した我々と輸入業者の立会いで、封印カットセレモニーとなるんですね!
封印カット後、輸入業者さんが自分の全体重をかけて鉄扉を開ける。
っとその時、「ふわっ」と英国の香りがするんですね。
で、英国の香りってどんな香り?・・・
「ちょっとかび臭い・・・・・」(冗談!)

この扉が開く瞬間は、なんだかドキドキしちゃうんですね。
(でも、私は本気で扉が開く瞬間、鼻から空気を思い切り吸い込むのです)

ここまで厳重な体制で輸入している車両。もちろん、パーツを輸入する場合も同じパターンです。
英国のスタッフも我々日本のスタッフも、日本の大事なお客様に、是非、ご提供したい一心で輸入しております!
DSC02517.jpg英国で車両を買い付け、本場英国でバッチリ仕上げられたオースチンヒーレースプライトMK-1。
只今車両は所沢ガレージで保管しております。
興味あるお客様は是非、お問い合わせくださいませ!