FC2ブログ

英国車・ミニ専門店 タートルトレーディング TURTLE TRADING LTD.

スペシャルショップ「タートルトレーディング」のブログ。身辺の日常的な出来ごとを発信します。

MED祭り そろそろ始めます!

こんにちは。いつも横浜本店ブログをご覧頂き、誠にありがとうございます!
最近ではブログネタの件にて、お電話やメール、店頭などにて、お客様とお話できる機会が増えてきて、非常に嬉し限りです。そんなありがたいお言葉を頂戴すると、私、非常に励みになります。感謝!

さて今日は、3連休の最終日。色々と遊びに行かれたみんなも、ご自宅で一休みされているのではないでしょうか?(商品を売り込むには今日がチャンス!WEBの代引き決済3%特別割引期間も明日で終了しちゃうし。。。)
では、(下心見え見えですが)今日は先日発売されたミニプラス誌や当ブログでお馴染みの名古屋の暴れん坊MED搭載モンスターミニの続報です。
DSC01994.jpg DSC02029.jpg DSC01931.jpg
DSC02035.jpg DSC02075.jpg DSC02076.jpg
タートルクラブマンカップ終了後、名古屋の暴れん坊のモンスターは更なるチューンナップの為に、横浜本店ガレージに入場。情熱的なお客様には、我々も全力で最新の部品・素材と、最高の技術をご提供したいと思っているのだ。それで、その最高なメニューには、最善の数字でお客様にご提供する役目が私にはあると思っている。
以前、所沢ブログで紹介されたMEDフルレーススペックチューニングヘッドをこのモンスターに採用させて頂いたのだ。このフルレーススペックヘッドの詳細は所沢ブログをもう一度ご覧頂き、復習されてくださいね!
このヘッドのバルブ径はタダものではない。一般的なハイリフトロッカーアームやローラーロッカーなどでは100%満足できない代物。そう、ご察しの通り、ビックサイズバルブの為、バルブがオフセットされているので、ローラーアームのローラーもその分オフセットされている「スペシャル」を採用しなければ100%の威力を発揮しなのだ!しっかし、レースパーツって素材も贅沢だし、加工も実に美しいですね。

DSC02067.jpgそして、組上がったMEDチューニングパーツを身にまとったモンスターを、本日所沢店でセットアップ&パワー測定を行った。ミニプラス誌の企画・記事通り、このミニは普段は通勤快速仕様として愛用されている。が、我々はそれを通勤最速仕様へとセットアップを図る。
※最初にお話しておきますが、このモンスターには、MEDローラーロッカーパーツは前回のチューンナップ前に装着済みで、今回はフルレーススペックのヘッドのみのチェンジをしたのです。で、この前のチューニングヘッドはリチャードロングマンのGT14ULが装着されていたのだ。この商品も素晴らしく、一般的にスポーツ走行からレース車両まで採用されているが、今回のMEDチューンヘッドは、なんと前回のセットアップよりも12馬力もアップしたのだ。もちろん通勤最速仕様だから、低回転域から中・高回転域に至るまで、モタツキ感は一切ない!ヘッドを交換しただけで、劇的に変わる。現在、カムシャフトは街乗り優先仕様になっているが、もう少しレーススペックにシフトしたら軽く125馬力程度はマークするだろう(と、セットアップしたボスが言っていたのが印象的だった)これからチューニングをご計画のお客様は、このパフォーマンスを見逃すハズないよね。これを見逃したら、レースに出場しても、入賞を逃しちゃうもの。商品のお値段を比較しても、誰もが納得する事、間違いなし!ね!
DSC02082.jpg DSC02083.jpg
MEDチューンナップパーツはまだまだ沢山ある。。。これから英国よりどんどん入荷する。。。
ボスと私と所沢店長、そして工場長。全員一致の意見で、次なるタートルクラブマンカップに向けて、各相棒のエンジンを年内には降ろし、お客様のモンスターに対抗できるチューンを開始する決心!

とにかく凄いモンスター。今日のセッティング後のパワーチェック風景を紹介させて頂きますね!
シフトチェンジは普通なのですが、トップスピードまでの時間が非常に短い事に気が付くあなたは、この冬、もしかしたらMED病に感染するかもしれないぞ!