英国車・ミニ専門店 タートルトレーディング Turtle Classics Yokohama

スペシャルショップ「タートルトレーディング」のブログ。横浜本店や身辺の日常的な出来ごとを発信します。

ミニ専用!LEDルームランプ球登場!

みなさん、いつも横浜ブログをご覧いただき、誠にありがとうございます。

今日は1月の最終日となりますね。

お正月が過ぎて、あっと言う間に31日となり、明日からは2月となります。

お正月気分もすっかり抜けて、そろそろレースモードになったりして・・・・



さて本日は、少し前から店頭販売を開始させて頂いております

クラシックミニ専用に開発されたLEDルームランプ球をご紹介させていただきます!


まず、純正の電球はルームランプとしては

暗過ぎず、明る過ぎず・・・

P1310094.jpg 

助手席頭上に埋め込まれているルームランプを取り外すとご覧の通り電球が装着されています。

時々、接触不良を起こして、点灯したりしなかったりする時もあります。


次に、他社製品となりますが、従来品でもLEDバルブは発売されておりますが

P1290163.jpg 

ご覧の通り、360°の全方向照射型となって屋根裏方向に無駄に電気消費していたり

照射版とルームランプレンズの距離が接近しているので

レンズの向こうから不自然(?)な程のLEDの“ツブツブ”を感じたり・・・・

良い部分もありながら、改良する余地も見受けられました。


そこで!

今回、新ラインナップしているLEDバルブは2タイプありまして

P1310066_20180131163917199.jpg 

電球色の3000Kと

P1310068_20180131163919870.jpg 

ホワイト色の5000Kとなります!


相変わらず撮影の腕がありませんで

何だか、全ての照度が変わらなく写っていますが

断然LEDの方が明るさ倍増であります!

しかも、ルームランプレンズとの距離も確保しつつ、レンズ幅最大寸法の照射版となり

高効率、かつ室内方向のみの照射ですので、全く無駄がありませんね!

さすが、ミニのルームランプ専用で開発されただけの事はありますね。


実際の室内照射はどんな感じかと申しますと

P1310101.jpg 

↑ 純正の電球はこんな感じで見慣れています。


次にLED電球色3000Kは、純正の電球と同条件で撮影しておりますが

光線が強いので、逆光の様に室内が真っ暗に写ってしまいます。

P1310063.jpg 

純正の電球よりも暖かみある電球色の印象があります。

シートのヘッドレストに反射している色合いでお分りいただけると嬉しいです。



次にLEDホワイト色5000Kは

P1310079.jpg 

清潔感あるクリーンな印象を受けます。

昔は夜間に室内灯を点灯させ、車内で道路地図を広げて目的地を探したりしてましたが

最近はスマホが大活躍しているので、室内灯が軽視されがちかもしれませんが

視力低下が気になるおじさん(?)達には明るい方が目に優しいと思います。

それに、エンジンを停止させて室内灯を点灯させる場合だって多々あるでしょうから

消費電力が半分以下のLEDの方がバッテリーにとっても優しいですね!



近くで見ても

P1310064_edited-1.jpg 

P1310069.jpg

全く違和感がありません。

むしろ、見慣れてしまうと、純正の電球が頼りなく感じてしまいます。


商品は

P1310042.jpg P1310045.jpg 
それぞれ、オンラインストア(こちら)よりお買い求めいただけます!

みなさまのご利用をお待ち申し上げております。




明日は全社、定休日とさせて頂きます!




FC2Ad