英国車・ミニ専門店 タートルトレーディング Turtle Classics Yokohama

スペシャルショップ「タートルトレーディング」のブログ。横浜本店や身辺の日常的な出来ごとを発信します。

ラジアスアームオーバーホール!

みなさん、いつも横浜ブログをご覧いただき、誠にありがとうございます。

昨日のブログの続編「GOOチーフの巻」となります。

今日は文章による説明は控えめに、大量の画像にてご紹介させて頂きます。

タイトル通り、ラジアスアームのオーバーホールです。

ラジアスアームとは、ミニのリアサスペンション部品でありまして

2016_0427_115131-P4270004.jpg

リアタイヤが装着され、リアサブフレームに固定される肝心な部品です。

リアのグリスアップポイントは赤矢印のニップルです。

2016_0427_115123-P4270002.jpg

これでどこの部分だか分かりますね。


今回はそのラジアスアームのオーバーホールです。


作業させて頂くのは、昨日のペダルボックスのスタッド修理を行った藤沢市にお住まいのS藤さまのミニ。

先程の画像と打って変って美しすぎるラジアスアーム・・・・

2016_0426_152527-P4260007.jpg

S藤さま仕様でペイントされております。

で、作業は、シャフトを抜いて、ニードルベアリングを取り外します。

2016_0426_152618-P4260010.jpg

取り外し方は、GOOチーフお得意の念力でありまして、腕が超高速回転で旋回しています!

今回も絶好調の様子です。



無事、秒殺(?)でニードルベアリングが外されました。

2016_0426_152650-P4260013.jpg

そうすると、さらにその奥にナイロンチューブが挿入されているのが確認でき

次にそれを取り出します。

2016_0426_161409-P4260016.jpg

これは難なく取外しができます。

2016_0426_161457-P4260019.jpg

この白っぽいチューブがナイロンチューブです。

ここまで出てくれば、あとはひっこ抜くだけです。

2016_0426_161542-P4260020.jpg

やりましたね。チーフ!

この部分は、ラジアスアームシャフトが覆われているチューブで

リアのグリスアップを施すとグイグイと底知れずグリス注入されてしまう経験をお持ちのオーナーさまも多いのでしょうが

このチューブが破れていると、注入しているグリスがラジアルアームの中に入り込んでしまって

ラジアスアームがグリスまみれになってしまうんです。

2016_0426_161256-P4260014.jpg

この画像でもチーフの指先に膨らみがあり、チューブの外側にグリスが付着してますよね。

漏れている証拠でもあります。

チューブを外し、ラジアスアームの中のグリス量を長尺ドライバーで確認しましたら

2016_0426_161852-P4260026.jpg

結構なグリスが溜まっている事が判明し、こりゃ、本気でグリス洗浄しようと

GOOチーフもさらに秘密兵器を取り出し、施してみると・・・

2016_0426_162014-P4260031.jpg

無駄なグリスが出てくる出てくる・・・・


今回はラジアスアームのオーバーホールですので

将来的に同じ事が繰り返されないように

2016_0426_162108-P4260036.jpg

画像下のナイロンチューブから、画像上のアルミチューブに打ちかえます!

2016_0426_162134-P4260039.jpg

こんなに膨らんで、こんなに裂けてるんですもの。


これは分解してみないと確認できない箇所ですが

大抵のミニはご覧の通りの状態になっていると推測されますので

作業を行う価値は十分ありますね。



次に、ニードルベアリングと反対側にある真鍮製ブッシュも入れ替えますので

まずは取外します。

2016_0426_161756-P4260025.jpg

次に、ハイクォリティなアルミ製ラジアスアームチューブを圧入します。

2016_0426_162343-P4260041.jpg

お~っ とっても美しい~ カチっとした感じでジャストフィットです。

製造されている方の努力の賜物であります!

これで全国、いや、全世界のミニのラジアスアームが無駄なグリスまみれになる事が防げます!

すばらしい~


で、次は

2016_0426_162522-P4260044.jpg

真鍮製のブッシュを圧入して

2016_0426_162627-P4260048.jpg

反対側のニードルベアリングも圧入して

2016_0426_162706-P4260049.jpg

一連の念力作業は完了です~

と、ここまでの作業にもそれなりの時間が費やされますが

GOOチーフのいい所(?)は、クリアランスもしっかり確認するところ。

って、みんなメカニックはそうなのか~

圧入した真鍮製ブッシュとラジアスアームシャフトが締付け過ぎない様に

2016_0426_162820-P4260055.jpg

専用のシャフトを差し込み、ここからGOOチーフの渾身の念力で

2016_0426_162850-P4260057.jpg

差し込んだシャフトをフル回転させてます。(機械は未使用であります)

なんだか、手ごたえを感じたいんですって。

2016_0426_162752-P4260052.jpg

ブッシュの当り具合の改善を施し、シャフトを抜くとこんな感じ。

2016_0426_162946-P4260060.jpg

真鍮の切り粉がこんなに排出されてます~

うん。大満足!


最後の最後の最後まで

2016_0426_163151-P4260064.jpg

GOOチーフはしっかりとオーバーホールに携わってくれました!

S藤さまもきっとご満足していただけるに違いありません!



ラジアスアームのオーバーホールはGOOチーフにお任せください。






FC2Ad