FC2ブログ

英国車・ミニ専門店 タートルトレーディング TURTLE TRADING LTD.

スペシャルショップ「タートルトレーディング」のブログ。身辺の日常的な出来ごとを発信します。

絶好調!

今日は、お客様と午前中より車両の商談の為、朝一番より所沢店に出勤したのだ。
私も横浜店オープン前の、つい、1年ちょっと前までは所沢店に勤務していたのですが、なんか随分前だったような感覚があるな。
DSC00732.jpgDSC00734.jpg昔はとても広~いガレージだと思っていましたが、今となってはそのスケールになれてしまったのかな。しかし、相変わらず所狭しと名車がずらり入庫しているな。このガレージ内に保管している車両は、チリやホコリなどの大敵から守る為に、専用シートでしっかりガードされているのですね。


DSC00737.jpg
それから、今月納車予定のCOOPER S MK-1のテスト走行の為、横浜店⇔所沢店を往復させて頂いた。役得ね!
しかし、絶好調!この加速感はCOOPER Sならではの体感。最終モデルのエアバック付きミニも素晴らしけど、旧車でこんなにストレスなく、むしろ、アクセルを踏み込むのが愉快になる車は、ドライブしてみなければ絶対に理解できない世界ね。(また私の悪い虫が騒ぎだす)でも、今日商談させて頂いたお客様とも話したのですが「快適で安心できる車」を乗るなら、現代の車を選べば良い。エンジンも静かで、エアコンも完備。室内は応接間のようにゴージャス。人もたくさん乗れる。
だけど、旧車はまったくその逆だもんね。エンジンはうるさいし、ガソリンやオイル臭い。クーラーなんか無いし、装備も必要最低限。おまけに絶対にハイオクガソリン指定!人もたくさん乗れないし。。。

でもね、約半世紀前に製造されていた車たちが、今も愉快に、そして身近に楽しめる素晴らし時代に感謝しなきゃ。そして、高速道路で国産車をブッチギリできちゃう程のパフォーマンスある旧車。
かっこいいじゃないか!
よく考えて。今から50年前の国産車で、こんなにゴキゲンに、部品の流通も気にせず楽しめる車種はあるのかな。旧車は決して骨董品ではないのだ!

だから、タートルクラブマンカップが楽しみなのだ!(またそれか!)