英国車・ミニ専門店 タートルトレーディング Turtle Classics Yokohama

スペシャルショップ「タートルトレーディング」のブログ。横浜本店や身辺の日常的な出来ごとを発信します。

ゼッケン!

みなさん、いつも横浜ブログをご覧いただき、誠にありがとうございます。

昨日、一昨日と、横浜本店にご来店頂いたお客さま

ありがとうございました!

先日、所沢ガレージでパワー測定させて頂いたKさまエンジンの分解作業が完了し

状態のご確認、今後のご説明を兼ねてKさまにはご足労頂きました。

2015_0117_160509-DSC03780.jpg

ご自身の大切な相棒の分解されたエンジンは

なかなかお目にかかれる機会は少ないですからね。

(私の様に、サーキットを走っちゃ、壊し、走っちゃ、壊し・・・している方も少ないでしょうし。。)



分解されたエンジンパーツは取り外したカテゴリ別に小分けにされて

使用可能な部品、不可能な部品を選択して、一気に洗浄してから組み上げます。

これから仕様を決めて、しっかり造り込みさせて頂きます!





さて、ガレージではお客さまの車両から取り外した部品などはきっちり日付けと名前を明記して管理させて頂いておりますが

各々、スタッフの所有物は結構、適当な場合もあるんです。

急いでたので、とりあえず、そこに置いておこう(の発想が誤りの始まりです)のケースが最多。



これだけ色々とパーツがありますと、誰の部品なのか、いつ使用するのか・・・(処分しても気が付かないか?)など

いざ、使用しようと思うと見当たらず、半べそかきながら部品を探す事もあります。



そこで、お馴染みでありますボスのTTR#36号車は

2015_0110_163005-DSC03688.jpg

TTRオリジナルBMCワークスマフラーにもゼッケンは入っています。

黒いマフラーに耐熱の白塗料でラインを入れて#36と手書きしています。

これだと、別の人が誤って持ち出したりする事もありませんし、保管している時も各自、しっかり管理できそうです。


それだけじゃありません。

2015_0110_163024-DSC03689.jpg

頻繁に脱着する部品には、ほとんどと言っていいぐらいゼッケンを入れています。


サーキットへ行った時に、街乗りタイヤ/ホイールからサーキット仕様へ交換する事も多いので

2015_0110_163043-DSC03690.jpg

このホイールにゼッケンを入れるスタイルは非常に有効なのです。


小学生のころは何にでも自分の名前を書いていましたが

大人になると、ちょっぴり恥ずかしい時もありました。

私も昔使っていたレーシングスーツはフルネームで書いておりましたが

今では#7にしています。

消しゴムやボールペン、電卓なども#7と明記しています。



キットゼッケン貼って走っている人は

同じ事している人も多いんだろうな~



このスタイル、結構、便利ですよ~

FC2Ad