英国車・ミニ専門店 タートルトレーディング Turtle Classics Yokohama

スペシャルショップ「タートルトレーディング」のブログ。横浜本店や身辺の日常的な出来ごとを発信します。

カメ50番の憂鬱

みなさん、こんにちは。

いつも横浜ブログをご覧いただき、誠にありがとうございます。




ブログ更新を迷ったのですが

「迷った時は進むべき」と考えておりますので

お話させていただきます。



昨日、チームタートルの盛り上げ会長でもあります

カメ50番さんこと、愛知県にお住まいの飯尾孝さまが永眠されました。

最期の最期まで懸命に闘い抜いた強い男でした。

心よりご冥福をお祈り申し上げます。




飯尾さんががんを患ってから

がんをクソッたれと呼びつけ

クソッたれを吹き飛ばすべく

常に前向きに、常に明るく

ご家族を大切に、仲間を大切に

何事にもウルトラポジティブに振舞っておられました。






2010年7月24日に開催させて頂いたTCC富士の朝。

その日はカメ50番さんが到着なり

加工済のブレーキローターをゲートオープン前のわずかな時間で

交換させて頂いた後でした。

DSC05256_20140225132639321.jpg


「ちょっと、話があるんだが・・・」と。

いつもより神妙な表情。





私がその病を知らされたのはその時でありました。





でもウルトラポジティブな男は

その日もTCC仲間とレース談で盛り上がり

_MG_4311.jpg


恒例のTCCクライマックスでもある

タートルカップでは最速のAクラス入り。


成績としては

その最速クラスの表彰台の真ん中に立っていました!

_MG_4370.jpg

(その前も、その後も、Aクラスの表彰台の常連となり最速マシンとして君臨)



飯尾さんと初めてお話させて頂いたのは

そのまたずっ~と前でありまして

「タートルさんでパワー測定してもらえんかね・・・」とお電話を頂いたのきっかけでしたね。

「愛知県から自走で伺いますから」と。。。

我々と距離感を全く感じさせなかった付き合いの始まりでありました。






その後、スプリットウェーバーをオーバーホールさせていただいてから

ミニのチューニングが始まったのです。




ミニの専門雑誌にも何度も紹介され

英国MED社のチューニングパーツを積極的にご採用いただき

タートルクラブマンカップに毎回ご参加いただき

ナンバー付きにこだわって

公務員でもあるにも関わらず

お勤め先までこのカメ50番号で「通勤最速」されていたり・・・・


極めつけは

英国MEDのホームページでも飯尾さんが絶賛されたこと。



話は尽きません。





この横浜ブログのバックナンバーにも

数多く記事として記されておりますし

カメ50番の憂鬱ブログでも

その情熱がうかがえます。








カメ50番さんを最後にチューンナップさせて頂いたのは

昨年のマッチボックス出走前のこと。

鈴鹿ツインでの走りを楽しみにされてました。


いろいろと改善や調整もさせていただき

念願だった

TTRインターナルシフトボックスを装着させて頂きましたね。

2013_0924_162142-DSC04615_20140225125549bec.jpg

装着後、ポジション確認のために

わざわざご足労いただき、その手ごたえを感じて頂きました。

(ご満悦で微笑んでいる写真もございます)

心残りなのは飯尾さんに「シフトボックスのベースのステーに#50が刻んであるよ!」と

お伝えせず、「あとで飯尾さんが気が付いたら喜んでくれるかな」と

所沢店長の隠し味をお伝えしなかったこと。

2013_0924_135426-DSC04611.jpg

それがこの画像です。




でも飯尾さんなら気が付いていたのかな。






それと、その所沢店にご足労いただいた時に飯尾さんが被っていたのは

若くして半年前に亡くなられたミニの床屋さんから受け継いだキャップ。


これからもレースのときも秘密基地に来るときも「いつも一緒だから」と。




みんな、日常生活では

立派な大人であり、立派な社会人、立派な管理職の方々でありますが

我々の前では「おとな子供」の無邪気さで接して頂いておりました。



カメ50番

スーパーモンスター号!

DSC04607.jpg

これからも走らせてあげたい。








カメ50番








亀50!

005_20140225125545b7f.jpg

メインスタンドやコントロールタワーなど高い場所からも

亀50番と目立つようにレイアウトしてみたんですよね。。。

派手好きでもあった飯尾さん。





大好きだった飯尾さんとお別れしたくないけれど

とうとうその日がやってきてしまいました。



でも、共に過ごしたミニライフは

触れ合った仲間には

永く記憶されるに違いありません。




あ~

だめだ。


今、ショールームでブログ更新させて頂いてますが

涙があふれてしまいます。。。







飯尾さんのご葬儀は下記の通り予定されております。


会館:津島愛昇殿(つしまあいしょうでん)

住所:愛知県津島市藤里町2-14

電話:0567-27-0004

会館URL:http://www.aishoden.jp/kaikan/tsushima.html

生花受付:電話受付け後FAX依頼



お通夜:2月26日(水) 19:00~

告別式:2月27日(木) 12:00~ 
        出棺  13:00






飯尾さん、安らかに。



そして、またいつか

一緒にお話ししましょう。



ありがとうございました。


合掌。

FC2Ad