英国車・ミニ専門店 タートルトレーディング Turtle Classics Yokohama

スペシャルショップ「タートルトレーディング」のブログ。横浜本店や身辺の日常的な出来ごとを発信します。

デラックス!

みなさん、こんばんは。

いつも横浜ブログをご覧いただき、誠にありがとうございます。


タートルクラブマンカップでの

たくさんの思い出の中から

少しだけご紹介させて頂きます。




我々は前日の23日の火曜日の午後

WEBショップをご利用頂きましたお客さまの大切なお荷物を

宅急便へ託した後、二本松へ向けて走り出しました。



お世話になる宿は、エビスサーキットの目と鼻の先にあります

2013_0723_203319-DSC03752.jpg

塩沢荘でありました。


ここでは

#37Mさまと#94Sさまとご一緒させて頂きましたね。


とても気さくなお上さんにはお世話になりました。

ありがとうございました。



そしてタートルクラブマンカップ当日には

とてもありがたい差し入れをたくさん頂戴してしまいました。


本当にありがとうございました。





まずは、タートルクラブマンカップ恒例であります

MADE IN ENGLANDのタートルカップです。

英国支店長が英国の職人さんと打ち合わせして

タートル刻印入りの特注品のカップです。

2013_0724_085343-DSC03759.jpg

それと、今回、私がボスにリクエストしたソフトドリンクウォーターです。


このラベルはPCで製作しているので

雨に弱く、結局雨に濡れてしまい、何本かのラベルのインクが滲んでしまいました。

2013_0724_085358-DSC03762.jpg

それと、タートルクラブマンカップでは

徐々に定番となりつつある

亀せんべいです。


ご参加いただいた方々へ

感謝の気持ちを込めて、差し上げている特製品です。





次に、豪華な副賞の差し入れでございますが

2013_0724_085348-DSC03760.jpg

画像左の手前のカラフルなボトルは

ミニの床屋さんからお預かりしたフルーツシャンプーです。

その容量は、なんと1リットルです。

洗髪のときの香りは

とってもリラックス効果抜群です。

毎回毎回、差し入れて頂き、本当にありがとうございます。



次に、その右となりのリポビタンDは

ATモンスターを操る#40Sさまより

栄養ドリンク剤の差し入れでございます。

毎回毎回、お気遣いを頂き、恐縮です。


次に、その右となりのパイナップルは

マルキレーシングチームの代表であります

ウルトラモンスター使いの#55Tさまより頂戴した

とっても甘い香りのパイナップルであります。

毎回毎回、差し入れて頂き、だんだん量も増量していただき

感謝しております。



そんなステキな差し入れが

入賞者(車)の副賞として贈呈されるんですから

表彰台の真ん中に乗っかると

両手ふさがってしまうほどであります。


本当にありがたい。




次に、お仕事柄、皆さんの虫歯予防と

ヒット商品となるだろうと見込まれている最新お勧めツールでもあります

2013_0724_085402-DSC03763.jpg

歯ブラシと歯磨き粉を参加者全員に

2セットづつもご用意いただいてしまいました。。。

画像左のダンボール箱の中にギッシリ詰まっております。

#83Sさま、お仕事柄と言いつつも、大量にご用意して頂き

タートルクラブマンカップ仲間全員に贈呈・・・



毎日の歯磨きタイムでは

#83Sさまのことを全員が思い出して歯磨きするに違いありません。

本当にありがとうございました。








そんな皆さんに支えられているタートルクラブマンカップの

入賞品は、とっても贅沢で、とっても魅力的であります。

繰り返しで恐縮ですが

本当にありがとうございました。

私もいつか、表彰台の真ん中に立ちたいと思っております。






我々チームタートルは

今回は今までとはちょっぴり違ったテイストのマシンを

2013_0724_093045-DSC03766.jpg

それぞれのスタッフが持ち込みました。

#8ミニは、TTR998ELFの次の相棒となる

F山メカの相棒であります。

フェスタイエローのボディーが眩しすぎです。


それと

2013_0724_093104-DSC03768.jpg

街乗りレーサーに変身できる#87号車は

ボスがドライビングします。

その街乗りレーサーっぷりは

徐々にお話させて頂きますね。


それとピットの中に止まっている

所沢店長の#6号車がバッチリセットアップされて

今回がシェイクダウンです。






スタッフも

それぞれ、色々な思いで挑んだTCCです。





毎回、終わって思うことは

やっぱりTCCを走る喜びは

走り終わったときの達成感があるので

軽い中毒症状に似ている感じがします。



表彰台の常連さんたちも

同じコト、思っているのかな~

FC2Ad