英国車・ミニ専門店 タートルトレーディング Turtle Classics Yokohama

スペシャルショップ「タートルトレーディング」のブログ。横浜本店や身辺の日常的な出来ごとを発信します。

危うし!

みなさん、こんにちは。

いつも横浜ブログをご覧いただき、誠にありがとうございます。

今日は全社定休日でございます。


我がTTR1000MOKEでございますが、土曜日の朝、横浜店へ

久しぶりの通勤で走って参りましたが

昨年のFSWショートコースでは5000回転以上回らなくなり

一抹の不安を感じておりましたが

横浜店に乗ってきて・・・・



昨日の午後、ボスが

「ちょっとMOKEを乗せてくれ・・・・」

と・・・

我が相棒は、ここ数年、誰も助手席に乗りませんでしたので

今はドライバーズシートしかないので

「2人乗りは駄目だ・・・」

と、一瞬思いましたが

いやいや

ボスが我が相棒に乗ってみたいとの事でありまして

ありがたいお言葉に、キーを渡して試乗して頂きました。




5分ぐらいでしょうか・・・

ボスが戻ってきて

我が相棒はガレージ入り・・・




「即、入院か???」

さらなる一抹の不安を感じつつ、ボスに相棒の診断をして頂くと

ボスは丁寧に我が相棒の診断、説明をして頂き

「ピッタリ5000回転に達した時点で頭打ち」

それと

「バルブスプリングが折れている可能性がある音がする」

と・・・・






確かに1300チューニングヘッドを搭載した我が相棒ですが

バルブスプリングは、随分交換していない・・・


ボスは

2012_0219_153455-DSC08786.jpg

即、作業を開始してくれたのです。


MED製ローラーロッカーを取り外す前に

バルブシールの破片を確認。

2012_0219_153516-DSC08787.jpg

現実逃避している私でありましたが

ボスとF山メカは淡々と作業をしてくれて


ボスの診断の通り

2012_0219_161512-DSC08789.jpg

我が相棒のバルブスプリングが破壊されておりました。


それと、アルミ製のバルブリテーナーも変形しております。

これはインナースプリングが破損して

アウタースプリングだけのシングルスプリングになってしまい

バルブのフリクションが大きくなり

リテーナーのセンターホールが磨耗してしまったんでしょう。



「5000回転以上は回らなくなったケド、調子はとっても良かった」

それが私の本音でありましたが

熟練したボスからして見れば

「バルブスプリングだな・・・・」

と、的確な診断により命拾いした我が相棒。

2012_0219_161709-DSC08790.jpg

エレクトリックトルクレンチで組み付け完了し

昨晩は少しだけ遠回りして

相棒とドライブを楽しみました。



自宅まで数キロに達した時点で

1速

2速

3速と

それぞれのシフトレンジで

7000回転まで軽く吹け上がり

ウルウルしながら運転しておりました。




ここまで面倒みて頂いたんだから

筑波でのTCCでは、思いっきり楽しみたいと思っております。



ますますボスとF山メカには

頭が上がらなくなりました。


とっても感謝しております。



私は、普通に我が相棒で帰宅しようと思っておりましたが

その前に

「ちょっとMOKEを乗せてくれ・・・・」

との言葉を頂いたのが、運命の分かれ道でありましたが










帰り際にボスに聞いてみたところ

「何となく胸騒ぎがしたんだよ・・・」

と・・・





感謝以上の言葉があれば、教えて頂きたい瞬間でありました。


タートルに勤務している私でありながら

ますます

タートルのファンになりました。

FC2Ad