FC2ブログ

英国車・ミニ専門店 タートルトレーディング TURTLE TRADING LTD.

スペシャルショップ「タートルトレーディング」のブログ。身辺の日常的な出来ごとを発信します。

超軽量化!

みなさん、こんにちは。

いつも横浜ブログをご覧いただき、誠にありがとうございます。

TRM S号の昨日までの作業は・・・・

ダイエット作戦でありました。



お金をかけず!が基本テーマで着手しておりますので、自分たちで出来る作業は自分たちで・・・が基本です。

2011_0329_140512-DSC01306.jpg


いかがでしょう・・・

レース好き、レーシングカー好き、軽量化経験者(車)の方は、お気付きですね。



徹底的に、アンダーコートと吸音材を削ぎ落としました!

2011_0329_134825-DSC01295.jpg

このTRM S号は左ハンドルです。

このミニのオリジナル重視(左ハンドル)って事で、そのまま仕上げます。

確か、この時代のオールドイングリッシュホワイトのボディーカラーは日本のディーラー車では、たぶん存在していなかったハズだし・・・貴重な素材であります。


アンダーコートを剥がすと

2011_0329_134833-DSC01296.jpg

さすがに運転席側のフロアーパネルは、床が腐って抜けてしまいそうです。


しかし、驚くなかれ!

2011_0329_134905-DSC01301.jpg

助手席側のフロアーパネルは、痛みがありません。

それに

2011_0329_134900-DSC01300.jpg

運転席側以外のフロアーパネルはご覧の通り、ピッカピカのツルツルであります。

このダークグレーの色の部分は、アンダーコートを剥がした後の板金素地の状態です。

これがフルオリジナルの証でもあります。

そして

2011_0329_134922-DSC01302.jpg

背もたれ部分のパネルは一生懸命ボスが磨き込み、リアシートのフロアパネルのアンダーコートも削ぎ落とします。

2011_0329_134942-DSC01303.jpg

これも、良好なパネルでありました。

文句なしのフルオリジナルパネルであります。

これは、この作業を行わないと分からない部分でもあります。

これでボディーの剛性は約束されたも同然です。





ボスもここまで気合が入ったのはTTR-1号車の製作以来だった様子であります・・・

※通常、このアンダーコート剥がしのご用命を頂いた場合は、板金、ボディー職人さんにお願いしておりますので、我々のメカニックが作業する事は、基本的にはありませんのです。



このアンダーコート剥がし。

逆に言えば、専門的な職人さんでなくても作業が可能ってことですね。

みなさんも頑張れば、休日を利用され実現可能と思いますよ。

この驚くダイエット効果の具体的な重量は、また今度ご紹介させて頂きます。

これからボディーワークをお考えの、街乗り仕様のミニでも、絶対にお勧めですぞ。






今、ボスの目が、いつも以上に輝いて見えます。


このTRM S号ミニ。


もうそろそろ、ボスの頭の中にも販売価格の設定が浮かぶのだろうな・・・