英国車・ミニ専門店 タートルトレーディング Turtle Classics Yokohama

スペシャルショップ「タートルトレーディング」のブログ。横浜本店や身辺の日常的な出来ごとを発信します。

所沢隊!

みなさん、こんばんは。
ロータスコルティナの動画、如何でしたでしょうか。ワクワクされたり、我も走りたい!など妄想に駆られた方は、私たちと一緒にサーキットデビューしましょうよ!
ERAターボ 007ERAターボ 009横浜隊が富士スピードウェイに行っていた時、所沢隊は筑波サーキットで、これまた大切なお客様もモンスターERAのテストドライブをしていたのですね。現地で目撃されたお客様もいらっしゃったりして!
このERAターボは以前、ミニプラス誌でも紹介して頂いた、スペシャル中のスペシャルなERA。シフトチェンジの際にホイールスピンするんだから、その馬力は想像を絶するんですね!

ERAターボ 026ERAターボ 013ERAターボ 035
この日は、オーナーさまにお任せ頂き、テストドライブのドライバーはタートルのエースドライバーである所沢店長がコクピットを占領する。もちろん、大切なお客様のERAですので、本気モードではなく、テストモードなのですが、踏み込めば踏み込む程、気持ち良く加速する「加速感」は普通のミニとは次元の異なる体感らしいですよ!(所沢店長談)
なるほど、ツワモノ達がどんどん生まれ、育っていくタートルモンスター製造工場。
このモンスターもクラブマンカップに出場する。所沢店長と所沢工場長の丹念な作り込みと、抜群なセンスにより仕上げられたERAターボ。誰が見ても、その豪快さはお分かり頂けることだろう。
ERAオーナーのT様は息子さんもバリバリなミニを楽しんでいる。
タートルクラブマンカップでは親子対決も勃発するかもしれませんが、どうぞ、お手柔らかに宜しくお願い致します!

フィニッシュ!

久し振りのFISCO!
マシーンの状態も絶好調!ドライバーさんのテクニックも最高なので、いつもよりタイムが短縮され、オーナーさまも我々も一安心!
では、本日最後のサーキット情報。
ロータスコルチナの鋭いコーナーワークの為、ジムクラークをも思い出させる3輪走行に注目!
現代のスポーツカーと対等に戦えるマシーン。ご覧あれ!(ボリューム注意!!)

サーキットサービス!

こんにちは。TTR56コルティナは絶好調!
DSC00092.jpgまず、1回目のテストランが終了後、ピット内で各部チェックを行います。また、ドライバーさんよりテストランの際に感じるマシンの改善点などがあればお伺いし、その場でセットアップをする。万が一、トラブルに見舞われても我々スタッフが居ますので、その場で改善し、再びサーキットへ送り出し、ドライバーさんには思う存分「攻めてもらう!」事が出来るように、最善の策を講じます。今日は大きなトラブルもなく、無事難なくテストランを消化する事ができそうだ。

DSC00095.jpgDSC00099.jpgピットイン後、間もなく軽微な改善を施し、再びドライバーさんはマシンに乗り込み、次なるテストランに挑みます。
今日のテスト走行は、先程も申し上げましたが、英国車のクラシックカーは我々だけ。その他は、ポルシェやGTR、Zなどの高級スポーツカーから、ロードスターやシルビアやビッツクラスなど。
また、国産車の旧車では、これもスカイライン、GTR、Zやサニー、シルビア、などの顔ぶれ。
そんな仲間と混走でガンガン攻めまくるロータスコルティナはカッコいいな!
でも、やはり私のカメラテクでは、サーキットでの迫力は伝えられないのです・・・・

テストラン!

朝9時半より30分間、ゼッケン56番のテストランタイム。
我々はサーキットサービスに徹し、お客様(ドライバーさん)はベストタイム更新の為に集中して頂く。
タイヤのエアチェックやホイールナットのトルク管理など、我々のサポートで少しでも安心して頂ければ、来た甲斐があるのもですもの。
DSC00060.jpg豪快で軽快な爆音と共に、メインスタンド前を気持ちよさそうに通過していく・・・・(カメラテクが乏しく申し訳なし)これからあと2ヒート午前中にテストランを重ねる。
今日ここに参加されている車種は、恐らく来月のJCCA目指してのセッティングを施している車両が多い、そんな顔ぶれです!
英国車で今日走行しているのは、エリーゼが3台。あとは我々だけ。
そんな中でも、光り輝く存在のコルティナ。
旧車はどこでどんなカテゴリーで走行しても、やっぱり絵になるんだな。

FISCO到着!

みなさん、おはようございます。
今日は朝から横浜隊は富士スピードウェイに来ております。昨日のブログでも申し上げましたが、ショールームは通常通り営業しておりますので、ご心配無用でございますよ!
DSC00037.jpgDSC00042.jpg
DSC00038.jpgDSC00039.jpg
ホント久し振りのFISCO。何か来ただけで興奮してしまう自分が怖い!!
今年の夏はここで開催される305でTTR軍団が走れるといいな。今からボスにお願いしよう!
今日の天気は晴れ。少し肌寒い(そりゃそうだ!)気温。だけど、我々のボルテージはだんだんヒートしてくる。私はお客様のF430を真近に見ただけで感動してる。。。ナンバーはお決まりの56なのですね。
これからTEAM TURTLEのゼッケン56番のテストランが始まる。
ボスもメカニックも緊張している時間帯。

では、また報告します!

初FISCO!

みなさん、こんばんは。
明日は久し振りにサーキットへ行くのです。所沢隊は筑波サーキットへ。我ら横浜隊は富士スピードウェイにて、それぞれ別メニューで行動する日となります。
もちろん、横浜本店と所沢店は通常通り営業しておりますので、ご心配なく!
DSC00016.jpg DSC00011.jpg DSC00012.jpg
いっやー、楽しみだな。数年前に改装され、素晴らしいサーキット場になった富士スピードウェイ。
個人的には何年ぶりだろう。随分ご無沙汰していたな。昔、305ミーティングに参加して以来かもしれないな。
明日の主役は、TEAM TURTLEのお馴染みのゼッケン56番。
来月の12日にJCCAが開催されますが、その前のテスト走行の為、サーキットサービス活動として、お客様に同行し、レーシングカーの最終セットアップと車両状態を確認するんです。
どんなデーターが収集できるか、また、FISCOから現地情報を入手次第、このブログを更新したいと思っております。
ではまた明日、チェックしてくださいね!

COSMIC!

みなさん。こんばんは。
この前のパーツブログで新ラインナップとして紹介させて頂きました「コスミックアルミホイール」をTTR850に装着。
DSC09882.jpg現在のラインナップはドラム用オフセットの為、4輪ドラムのMK-1にはジャストフィットしちゃうのですね。ミニライトホイールも定番中の定番のエイトスポークで根強い人気がありますが、このコスミックも爆発的ヒット間違いない商品ですね。
ホイール単体で手に取り見ているのと、タイヤを組み付けて、車両に設置して見るのとでは、印象が不思議と変わっちゃうんですよね。
私はフロントドラム式のトラベラーやカントリーマンなど乗っていたら、確実にこのホイールをチョイスしているだろうな。
センターキャップやナットも付属して、あのプライス。非常に魅力的ですよね!

思い込み!

みなさん、こんばんは。
人間、歳を取ると思いこみが激しくっていけませんね。
DSC09964.jpgこれ、何に見えますか?
BMCオリジナルペイントの缶ですね。当時ものの本気で古いペイント缶。ペイントが固まってるかチェックする為に缶を左右に振る。チャプチャプしてるのが分かり、まだ使用可能な事を確認する。←店頭で販売してるんだから、当たり前だろ!の声も聞こえるが・・・・
この缶。もう、ずいぶん前から展示してあるんです。でも、よくよく見た事(手に取り観察した事)は無かったのです。でも”ある”という認識はあり、今日、驚く事に事実が判明したのです。
DSC09965.jpgDSC09967.jpgDSC09966.jpg
このペイント、私はずーっとエンジンペイントのBMCグリーンだと思っていたのです。缶のデザインのBMCに何年も騙されいていたのです。そして、チャプチャプした後に、怖いもの見たさでキャップを緩め、キャップを持ちあげたら・・・・筆状になっているキャップで驚いたのです!「なんだ?補修用ボディーペイントに似ているな!」とのんきに思いながら、缶をよく見ると「TOUCH-UP」と明記されてるし「OCEAN BLUE」とも明記されているではないですか。エンジンペイントでも無ければ、BMCグリーンでも無かった。
「歳を取ると思い込みが激しくなる」

あと、物凄い思い込みがもう1つ。
これは、絶対に私だけじゃないと思うのですが、この画像の一番右側の画像をよーくよく見てください!¥8.000ね。高いとか安いとか意見も色々あったりして(って、値段の話ではないのです)
これは上部にタートルロゴ。中部にプライス。下部にチェッカーフラッグ。みんなも良く見てくださいよ。

何が思い込みかって?

正解は、下部のチェッカーフラッグ柄の白と黒が逆じゃない?
見方によっては、問題なし?
いやいや、やっぱり逆じゃない?
なんか言われて見れば、違和感あり?

私も思い込みが激しいのか、相当ヒマなのか。いやいや、思い込みも激しいけど観察力があるのか。
時々不思議な自分に気が付く時があるのです。

TTR850の走りを体感する!

みなさん、こんにちは。
今日はTTR850で横浜の街を昼食かねて徘徊してみたのです。
DSC09956.jpgところで、TTR850ってどんな感じに仕上がったの?結構速くなったの?など、説明するよりここで一発紹介しちゃいましょう!
ドライバー:ボス
ナビゲーター:工場長
撮影:店長

はい!動画サービス終了!
(この時間まで動画をご覧頂き、ありがとうございました!)

さあ、本番はサーキット。
ボスのチューンは続く・・・・・

ボディーカバー!

みなさん、こんにちは。
昨日は雨も凄かったけど、風も半端じゃなかったですね。東京マラソンに参加された方も、さぞ、ご苦労された事でしょう。お疲れさまでした。

苦労と言えば、我相棒。この間の木曜日、非常に天気が良くかったのでビール片手に洗車をし、しばらく眺めていたのです。(私は毎度アルコール注入してしまうので乗る目的を果たしていない)夕方になる少し前、次回の出走の時を待つ為に、ボディーカバーをかけて養生。
しかし、残念ながら昨日の暴風雨で、我相棒が丸裸にされたらしく、しかも「ボディーカバーが30m離れたガソリンスタンドで保護された」と家の者より仕事中に連絡が入る始末。。。。
心やさしいガソリンスタンドのスタッフは自宅にボディーカバーを届けて頂き、我相棒に「かけておきましょう!」と笑顔で申し出ていただいたそうだ。(家の者は、またボディーカバーが飛んでしまう事を恐れ、お気持ちだけ頂いたそうだ)「心やさしいスタッフに感謝!」私が帰宅した時、玄関にボディーカバーがあり、表の相棒は確実に床上浸水しているに違いない!と察知したのですが、恐ろしくて確認できない。今朝も相変らすの暴風に為、相棒の室内もチェックせず、出勤。でも、ガソリンスタンドに顔を出し、スタッフさんにお礼を申し上げた。
ボディーカバーを愛用されているオーナーさんも同じ経験された事あるかな?今後は強風前には確実にチェックしないといけませんね!勉強になりました。

豪雨の中!

今日は所沢店より販売車両の商談の為、ミニを運搬!
朝一番でHIRAGAI君がピカピカに洗車!「よし!スタンバイOK」
DSC09914.jpgお店のオープン時刻のあさ10時。ポツン・ポツンと雨が降り出し、その後はバケツをひっくり返した勢いの豪雨!朝一番、カニ目の点検でご来店頂いた市内在住のT様もお帰りの際はソフトトップを装着。また、修理後のミニを引き取りに来られた都内在住のS様は「都内は雨が降ってなかった・・・」との情報。そして、横浜本店の超お得意様、地元のO様はミニのメンテナンス中で自走NGとの事で、雨の中、タクシーでパーツを引き取りに来られたり(料金どの位かかったか心配)。それから、所沢店より運搬したミニを雨の中、お約束通り現車確認にご来店頂いたM様。また、只今クラシックミニを積極的にご検討中でご相談に来られたA様。その他にも、パーツ購入で何組みものお客様がご来店頂きました・・・・・
足元悪い中、ご来店頂きありがとうございました。
今日は3連休の最終日。そして来週からは、本格的に高速料金割引きがスタートしますね。
皆様のご来店、心よりお待ちしております!

所沢店長!

みなさん、こんにちは。
いつもご覧頂き、誠にありがとうございます。

今日は、所沢店で目撃したエンジンの事。
DSC09861.jpgここの作業ブースは所沢店長専用スペース。この手前に見えるエンジンは今回タートルクラブマンカップに向けて店長自らが仕上げられた極秘のエンジン。極秘の事をバラされちゃうのも横浜ブログの良いところ!
知らぬ間に、ほぼ完成形になってきていますね。パーツを知り尽くした所沢店長のエンジン。どんなスペックなのか楽しみだな。手前のエンジン脇にあるウェーバーのファンネルもMEDの新兵器が装着されている。
そして、その奥に見えるエンジンAssy。これまた知らなかったな。いつの間にか所沢店長のミニから降ろされていたんだもの。そして、そのNewエンジンを搭載する日も近いんだろうな。

着々とみんな作業が完了していく・・・・・
私に残された時間は、あと一か月しかない!

超・軽量化!

今日は3連休の初日だったお客様も多かったのではないでしょうか。
朝から関越自動車道、中央高速道、東名高速道路は凄い渋滞!今日から一部高速道路で先行割引きがスタートしたのですから・・・・・・止む追えないですね。
また、偶然、このタイミングで数か月前よりご来店のお約束をさせて頂いていたお客様が遠方よりご来店。10月のクラブマンカップ開催後、美浜サーキットも参戦された「名古屋の暴れん坊」が横浜本店に入場されたのだ!
DSC09868.jpgDSC09869.jpg今回のモディファイ計画は、モンスターのダイエット作戦。そう、軽量化大作戦なのですね。そこでご来店時に商品を目の前にしてお打合せを開始。
既にこのモンスターは随所に軽量化を実行中でありましたが、今回はリアのアルミラジアスアーム化を筆頭に、カーボンケブラトランクパネル化やFRPドア化やアクリルガラス化、超軽量車高調整キットやアロイリアハブキットなどなど・・・。徹底的にダイエット作戦を図るのであります。
もちろんそればかりではない。リアサスペンション回りもチューンされますので、フロントサスペンションも見直されるメニューも盛り込まれているのです。これで、次回のタートルクラブマンカップで、更なる攻撃的な走りもお披露目できるんですね。今から完成が楽しみです。我々TTRスタッフ相棒も負けてはいられませんゾ!

また、次なる4月のタートルクラブマンカップでは、前回ご賛同頂いたショップさんもありがたくご参加頂けますし、今回は地元地域のショップさんもご賛同頂き、ご一緒にお客様もご参加頂けます。それとは別に東北地域のミニオーナーさも単独でどんどんFAXでお申し込み頂いているので、今までご一緒した事のない「情熱を共有できる仲間」と一緒に走れる事を私は今から非常に楽しみに、また、期待しています。

私にとって「ミニは人生を変えてくれた車」なのですが、そんな感覚を「情熱を共有できる仲間」と共に過ごしたい。それができる唯一の無礼講空間がタートルクラブマンカップなのです!
ノーマルスペックでも、オートマチック車でも、サーキット未経験者さんでも、情熱あるオーナーさんなら参加資格がございますので、ここらであなたも「人生感を変える刺激」を求められても悪くはないでしょう?
まずは、第一歩を踏み出す事から始めましょうよ!

約6年前!

みなさん、こんにちは。
遂に!遂に!この時が来てしまった!早かれ遅かれ、この日が来る事は分かっていた。。。
DSC09822.jpg横浜本店スタッフは、皆さんもご存じの通り①ボス②工場長③HIRAGAI君④私の合計4人のメンバーなのですが、この中にお一人だけ、年代物の携帯を今も現役で使用している人がいるんですね。その携帯は当時のMOVAからFOMAに切り替わりつつある時代。このD901iは今から約6年前のモデルだそうだ。
6年前、みんなは何をされてましたか?
学生だったり、就職されたり、新婚だったり、旅行されたり、英国車のオーナーになったり・・・・

他の3名:「いくらなんでも、ここまでクラシックってのはどうなの?」

持ち主:「携帯は話せればいいんだよ!」

他の3名:「でもさ、いくらなんでもそろそろ変え時じゃない?」

持ち主:「いや、今まで3回、携帯の調子が悪くて、ドコモで修理してもらった事あるんだよ」

他の3名:「普通はそこで買換えを考えるよね!」

持ち主:「それがさっ。携帯修理期間中にレンタルしてくれた携帯の方が新型だったよ」

他の持ち主:「そんな事、聞いてないよ!そろそろ考えたら?」

持ち主:「別に、話せればいいんだもん・・・・」

一般人:「この携帯を購入した時に生まれた赤ちゃんが、今年小学校に入学するんだな」

持ち主:「時代は繰り返す!!」(ほとんど理解不能で意味不明)

この持ち主さん、この携帯を約6年前に購入されたきっかけは、洗車中にバケツの中に落として水没させたらしいのですね。

持ち主:「この携帯電話に大好きなB’zのストラップが何本交換された事か・・・」

でも、そろそろかな。もしかして、この持ち主さんよりクラシックな携帯を使用している英国車党にお逢いできるかな?
今日からショールームで目を光らせてご来店されるお客様の携帯チェックしてみよう!

オイル交換!

みなさん、こんにちは。いつもご覧頂き、誠にありがとうございます。
ところで、みなさんはご自身で相棒のオイル交換などされますか?
DSC09759.jpgDSC09763.jpgオイル交換の作業は決して大変ではないのですが、廃油の処理が大変ですよね。一般的な家庭での排出は環境問題にも発展しますので厳しいですもの。私が免許取り立ての頃は近所のガソリンスタンドで廃油処理をお願いしていたけど、今もそんなサービスあるのかな?
さて、話は戻り、昨日の定時後にオイル交換に必要なツール(オイルエレメント交換なし)を準備し、作業スタンバイ。

DSC09765.jpg今回はTTR850のオイル交換。英国より直輸入後、旧車乗りに広くご活用頂いているカストロールクラシックのシングルグレードを注入。そしてガレージングライフを楽しむ為に、カストロールオイルジョッキを使用(何とも贅沢!)してみたのです。
このクラシックオイルは注入しやすい様に口元からネックが出てくる仕組みになっていて、オイルこぼしの心配もなく非常に便利ですね。

DSC09773.jpgホントに実用性あるカストロールオイルジョッキ。このジョッキで4杯分で丁度TTR850に注入されました。このオイルジョッキもディスプレイでもいいけど、オイルも注ぎやすく、オイル流れも良いです。万が一のオイル注ぎ漏れがあると、折角組み上げたエンジンを汚してしまうのでウエスも準備ましたが、全く不要でしたよ。

DSC09762.jpgオイル交換が無事完了し、廃油を処理(廃油画像を撮り忘れた)し、周辺をクリーンナップして作業終了。最後の最後に、次回のオイル交換の時期が分かるように「次回交換目安の走行距離」をカストロールのデカールに記入する。このデカール、実は超・レアものなのです。このレアなデカールは、このガレージでカストロールクラシックオイルを交換する旧車が入場した場合には、もしかしたらボスが使用するかもしれないぞ!


オイル交換やグリスアップなど、日常的なメンテナンスも使用するツールで、こんなにも愉快に作業が出来るんですね。楽しい事を優先に、何事も考えたいですね!

どんどんご用命ください!

この週末、確実に処理しなければならない重要任務。
それはこれ!↓
DSC09756.jpgメールやお電話で「タートルクラブマンカップ」の参加情報をご請求頂いた全国の英国車フリークのみんなにお送りする案内状でございますね!
私ものんびりしている性格上、3~4日分のお問い合わせお客様分をまとめて発送しておりました。でも、来週からいよいよ60日を切るスケジュールになってきますので、随時ご請求頂いたお客様には発送させて頂きますね!
前回の山梨でお合いしたオーナー様、我々とまだ面識のないオーナー様、今、どうしようか迷っているオーナー様、エビスサーキット方面のショップの皆様、絶対、ご賛同、ご参加頂ければ、楽しい事が待っているのですよ!

滅多にないチャンスを生かすも殺すも、あなたの気持ち次第なんですね!

神の手!

みなさま、今晩は。
進みましたよ!TTR1000MOKEのエンジン組付け作業が!
DSC09722.jpg DSC09725.jpg
さあ、組付け準備が整い、作業開始!この時のカメラマンは私。そして、このそれぞれの画像には、神の手と思われる「手」が写っているではないですか!
滅多に見られない、タートルガレージでの「神の手」を偶然激写してしまった私。
きっとこれから良い事、楽しい事が私にもたらされる前兆なのだろう!
「ホント感謝です!」
DSC09728.jpgその時、私の横ではTTR998ELFの準備を工場長が行っている。レーシングカーだもの。作業は慎重に慎重に進んでいるのでありますが、神の手にかかった我相棒のエンジンと同等の進行状況だ!工場長も頑張っている。でもね、工場長は、レアなエンジンだし、レアな秘蔵パーツを隠し持っているんだそうな。
ボスもそうだったし。
お店がしまった時間帯。我々チームタートルスタッフが動き出す時間帯なのです。

私も自分の出来る事、出来る限りの作業は自分で進めて行なう事、神に誓います!

ガレージング!

COSMIC(宇宙的?)な空間でガレージング!
DSC09717.jpg
この空間、リフレッシュされたのですね。宇宙的な空間。何がどうなったか??
このリフレッシュでなんだかこのガレージが明るくなったぞ。
強度もある。痛みもない!
これから更に仕事が捗るのは言うまでもないですね。


沸点!

みんさん、こんにちは。
今日は天気も良く、ここ横浜は春の陽気。半袖でもOKなぐらいです。
さてさて、陽気はOK、半袖もOK、しかし、そんな時期になると、ミニ乗りのオーナーさんを悩ます「オーバーヒート」の季節がやって来ますね。
DSC09714.jpg昔、水がお湯に変わる時、そう、液体が気体に変わる地点を”沸点”と理科の先生に教わったな。私は自分の相棒に乗るたび、その事を思い出すんです。しかし、今朝はうっかりしていたな。花粉がひどくて、目がかゆい。鼻もズルズル・・・。そして道路は大渋滞。
音楽装置の無い我相棒は渋滞中、日常的には珍しい無心になれる数少ないの空間。
うっかりして「ボーッ」としていたら、エンジンルームから何となく熱気を感じ、はっ!と水温計を目にしたらご覧の通り。で、なんでそんな瞬間を撮影できるのかって?
前話しませんでしたっけ?私はタートルの中で”カメラオヤジ的存在!?”なので、常にポケットにデジカメを忍ばせているんですね。この間、ボスに買ってもらったデジカメは非常にコンパクトだし。。。

旧車フリークの皆さん!
サーモスタットを交換したり、ウォーターラインをチェックされたり、そろそろ夏対策を始める季節となりましたね!

その後のGOOTECH

つい最近の夜、みんなが自分の相棒をどんな感じでメンテナンスしているのか、所沢店に偵察に行ってきたのだ。
DSC09414.jpgイヤーなパーツを見つけちゃったな。これ、GOOTECHの作業ブースに置いてあるギアセット。NUMAも私と同じ1000ccをチューンして、ギアもチューンするらしいし・・・・

この画像は正真正銘GOOTECHのエンジンブロック。だって汚いでしょ?(冗談)
このブロックは~96yまでのブロック。しかし、デストリビューター装着部分が目クラになっているでしょ?だからGOOTECHなのね。
しかし、このクロスギアセットが気になるな・・・・今、スタッフ全員で相棒メンテナンス大会実行中なのですね。

どっぷり浸かる!

TTC(タートルクラブマンカップ)開催まで、約6週間しかない。ボスは昨日のマニホールドを無事装着し、本日の定時後にセットアップを行い、作業がフィニッシュする。(ボス情報によると、絶好調らしい・・・・ホント羨ましい)
DSC09393.jpgそんな時期に「あ~あ、いい湯だな~」なんてのんびりしているエンジンブロックがガレージの片隅にある。この用器の中で我相棒のTTR1000MOKEのブロックが「まだか!まだか!」の勢いで私に問いかけてくる(訳ない)気がする。何してるの?ですって?
それはね、我社でエンジンチューンナップやオーバーホールを行う作業では必須の工程なのだ。

DSC09400.jpg入浴から出て、ザバッと洗浄したらご覧の通り。古い年期の入ったお肌の角質を除去していたのですね。っとお肌じゃないね。ペイントね。エンジンの加工が完了し、組付ける前には完璧にクリーニングする必要があるのです。私の相棒のお肌はグリーンにお化粧されていたのですが、そのお化粧がすべて落とされ、生まれた時のイエロー(ミニ1000は純正ブロックカラーがイエローなのだ)になりました!

DSC09395.jpg加工が完了したブロックとヘッドを再確認し、ピストンを仮組みしてみる。1000ccフラットピストンがツライチで納まっているのが確認できる。そして1300チューンヘッドを装着するので、ヘッドのバルブクリアランスをキープする為に追加加工された所から、ピストンリングが飛び出ていない(当たり前の当たり前!)事を確認したのだ。


ひっくり返して見ると、ブロックのスリーブとヘッドのバルブ、燃焼室がこんな感じになる事になるんですね。もちろん、この作業も前にはボスのパソコンに内蔵されている秘密のマシンで、エンジン特性のシュミレーションが出来ているので、問題なしなのだな。排気量や圧縮計算もされており、ヘッドガスケットも既に選択されているんだな。(エンジンを加工するんだもん、そんなの加工前に決定するのは当然)

さあ、これから組上げる算段を立てなければならない・・・
現時点でいちばん出遅れている我相棒。

ちょっと冷や汗!

ウェーバーマニホールド!

今日は朝一番からボスがガレージで工作作業を開始していた・・・
DSC09437.jpgDSC09440.jpg
ウェーバーキャブを装着しているミニオーナーさんで、マニホールドで悩んでる方も多いのではないでしょうか。どうしても、スペース的に限りがありますのも。本来であれば、ロングストレートマニホールドが最高に効率良くって理想的なのですが、キャブボックスが必要になってしまいますね。限られたエンジンルーム内に全てを納めるには、ウェーバーではスワンネックの採用が一般的ね。

で、このマニホールド、何かお気が付きになりますかな?

世界デビュー!

みなさま、お久しぶりでございます。いつもブログをご覧頂き、ありがとうございます。
ここ最近も、このブログの記事でお客様とお話させて頂く機会もあり、私、非常に嬉しい限りです!これからも宜しくお願い致します。
DSC09412.jpgさて、今日はWBショップでも販売している「英国雑誌」のお話です。
弊社では「ミニマガジン誌」と「ミニワールド誌」と「クラシックフォード誌」と「トライアンフ誌」を英国より毎回取り寄せして、みんなに紹介しております。これらの雑誌を毎回見ていると、英国好みや日本好みの相違が明らかに解るから愉快でしょうがないのです。英国のミニフリーク達は至る所にメッキパーツを装着してみたり、ボディーカラーがBMCオリジナルカラーにこだわらず派手なメタリックでペイントされていたり、インテリアが妙に豪華主義(豪華に見える)だったり・・・普段、自分が接している「クラシック」の印象とは別の次元にあるミニ達がそこにはたくさん紹介されているんですね。

今年はミニ誕生50周年記念の大きな節目の年。
英国のミニ編集者さんたちも、色々と各国に飛んで情報収集しているんだろうな。

だって、昨日、我ら横浜本店に取材に「英国雑誌のミニマガジン誌」編集者さんが来られたんだもの!(軽く自慢する所が腹立たしい?!)
日本に初上陸し、一発目に我々横浜本店に来られ、今後、数か月に渡り「日本のミニファン」を取材するんだってさ。4月29日のミニディにも必ず顔を出すらしいですよ!
DSC09406.jpgDSC09408.jpgDSC09409.jpgDSC09404.jpgDSC09403.jpgDSC09411.jpg
撮影大会は、店頭に展示販売しているパーツやら、車両やら、アンティーク商品やら・・・・このショールームの全てを撮影して頂いたと思う。けど、実際採用されるのは、数枚何だろうな・・・それから、ボスと私で、今お預かり真っ最中のI様(今発売されているミニプラス誌で紹介中)のスペシャル970Sをバックに(勝手にすみません)記念撮影したり、ボス単独インタビューがあり、パシャパシャ撮影されていたり・・・・「何か英国製のツールはありませんか?」の問いに「このエンジンジャッキチェーンがあるよ!」と差し出したり・・・非常に有効的な時間が過ごせたな。

しかし、我々も世界デビューか!I様の970Sも・・・・このミニマガジン誌が発売されたら、英国支店長もきっとビックリするんだろうな!

GOOTECH!

みなさん、こんにちは。今日は恒例のメンテの日。
先週の夜、所沢スタッフのGOOTECHがエンジンを降ろし、何やら作業開始していた・・・私が何もやらないのは。。。と言ってしまったのが発端ではない(と思うが)腕利きのメカニックが本気になれば、そんなもんなんだろうな。
DSC09302.jpgGOOTECHは我々横浜隊とは別の切り口で本領発揮するタイプ。そう、横浜隊が旧車いじりが得意な事に対し、GOOTECHはインジェクションチューン(コンピューターチューン)大好き人間なのだ!もちろん、横浜隊だってインジェクションメンテやったり、GOOTECHがキャブ調整する事は日常茶飯事なのですが、自分達の得意中の得意な事ってありますもんね!
GOOTECHはパソコン片手にコンピューターセットアップやエンジンセットアップする事が大好き人間なのですね。
もの凄く探究心あるメカニックなのですね。

フッフッフッ!!でも、その探究心豊かなGOOTECHエンジンが我々横浜隊のキャブレターを搭載しているチューニングエンジンとどれだけの差があるのか!どれだけお互いの主張ができるのか!クラブマンカップで対決だな!

昨日はミニの日!

みなさん、こんにちは。
首都圏地区にお住まいのお客様はもしかして寝不足気味だったりして?うちのスタッフ数名は寝不足らしいです・・・・
1.jpg2.jpg3.jpg

昨日は3月2日でミニの日でしたね。そこで、海ほたるに集合し、大黒まで走破する集まりがある!との情報で、我々スタッフも顔を出させて頂いたのですね。
昨日、この集りの感動を知らないスタッフは、①私と②所沢店長と③パーツセンター長の3名のみ。
それ以外の若手スタッフは横浜店のHIRAGAI君、所沢のGOOTECH(若くない),NUMA,オレンジメガネ君など全員、参加させて頂いたのです。ありがとうございました!(この画像はHIRAGAI君提供)
現地ではたくさんのミニ好きな人々が集まったミニを眺めて微笑んでいたんだろうな。そして自分のミニも自慢したいだろうし・・・その情熱、みんな一緒の気持ちなのですね!

ところで昨日、この会場でTTRハイエースBMCバスを見かけた参加者の方、いらっしゃいましたか?
そうなんです、うちのボスと工場長も見に行ったのですよ!でも、ボスも工場長も自分の相棒は今セットアップ中だったりエンジンバラシ状態だったりだったのでTTRハイエースになったのですね。

これから暖かくなると各地でいろいろなイベントが開催されますね。
それがこのミニの楽しい所。
我々も4月23日に開催されるタートルクラブマンカップを是非成功させたいな!
タートルクラブマンカップの案内はこちらをご覧ください!

夢のスーパーカー!

今日から3月!あいにくの天候でしたが、今日は朝から夢のスーパーカー”フェラーリディノ”と”クーパーS”をキャリアカーに積載し、日頃より大変お世話になっている大切なお客様のガレージに直行!
DSC09307.jpg会社に2台積みキャリアカーがあって幸せ!!
こんなスーパーカーは滅多に触れないし、シートに着座するなんて考えられない環境だもの!
お客様!この度は修理のご用命を賜り、誠にありがとうございます!
我々は基本は「英国車」のしかもコンパクトな旧車をメインにしておりますが、(英国車+イタリア車)や(英国車+ドイツ車)や(英国車+フランス車)や(英国車+国産車)などなど、様々な状況や環境で皆さんご所有されてますよね?何でもお任せください!英国車の修理や車検でお預かりするタイミングと同時に、ご所有されているその他のお車の気になる改善点がありましたら、どうぞご一緒にご用命ください!
フェラーリでも、ポルシェでも、アルファでも、お任せください!

きっと、みんなのお役になれると思います!
繰り返しですが、2台積みのキャリアカーがあるのですから、心配ご無用ですよ!

メンテの日!

我相棒のウェーバー40DCOEキャブレター。ズ~ット前のブログで分解状況の画像をご紹介しましたがね。
DSC09091.jpg現在の状況は分解後、特殊薬液で洗浄している状態。
この特殊薬液はもの凄く有効で、薬液を塗布し、数分の間にその効果が発揮され、クリアーな液体がこげ茶色に変わってしまっているのですね。”汚れが落ちてる感”を目で見て感動できる。

このキャブレターは未使用ではなく、普段MOKEで使用していたキャブレターですので特に大きなトラブルは無かったのですが、折角エンジンをやるのだから。。。。絶好調を目指す私の勢いでご覧の通りのお姿になったのですね。

この後はウェーバーリペアキットを購入してボスに教わりながら組付けしなくちゃな。

FC2Ad