英国車・ミニ専門店 タートルトレーディング Turtle Classics Yokohama

スペシャルショップ「タートルトレーディング」のブログ。横浜本店や身辺の日常的な出来ごとを発信します。

名古屋のモンスター地元へ帰る!

タートルクラブマンカップが終了して、1ヵ月。何気ないボスとの会話の中で「もう、ずーっと前の出来事に感じるな・・・」なんて印象があるんだな。このブログでもTTR850/998ELF/1000MOKEの話題を報告させて頂いていたのですが、確かにずいぶん前の出来事の様。人の記憶とはいい加減なものだ。皆様はこの1ヵ月、如何でしたでしょうか?明日から師走を迎える。。。
DSC02145.jpg DSC02150.jpg
そんな話題になったのも、その後よりお預かりさせて頂いた名古屋の暴れん坊のモンスターが昨日無事納車となったのである!このモンスターのオーナー様は、非常にありがたい事に新幹線をご利用頂きショールームまでご来店頂いたのだ。感謝!
今回は次回のタートルクラブマンカップまで、少しインターバルがあるので、それまでしっかり弊社を宣伝して頂く為に、フロントガラスとリアガラスに、特製デカールを貼り付けさせて頂いたのだ。ありがたい。

そして次回のクラブマンカップまでに、プチモンスターを製造する為に我らスタッフは着々と準備を開始している。もちろん私もその中の一人。。。ボスもそうだ!

やっぱり我々と同じ目線でお客様も楽しめる。
お客様と同じ目線で我々も楽しめる。

それがタートルイズムなのだ!

GO! MINI

こんばんは。いつもありがとうございます。
もう数日で師走を迎え、今年もあとわずかですね。今年1年を振り返るとっっ・・・と、まだこのトークは早いですな。でもあと1カ月。今、横浜本店と所沢店で何名(何台)ぐらいのお客様にお時間頂いて整備させて頂いているのだろう?1日1台のペースで仕上げれば全て納車が完了するかな?いやいや、もう少し馬力をかけて作業する必要があるかもしれません。
22.jpgさて、こちらは来年のお話。今年はスケジュールの関係上開催できませんでしたが、2007年3月に大成功した「GO!MINI」が来年の2月22日に筑波サーキットで開催されますよ!もちろん我々も参加して会場を盛り上げたいと思ってます!みんなも是非、スケジュール調整して参加しましょうよ!(前回は4トントラックにミニのパーツを満載して参加したな。次回はある程度、セーブしないといけないかな)でも、そんなイベントの時は、アウトレット商品なんかを準備して安価で販売したらみんな喜ぶだろうな。よし、今からパーツセンター諸君と一緒にキープしておこう。

来年はミニの生誕50周年です。本場英国でも色んなイベントの予定があるかもね。そのレポートは英国支店長にお任せするとして、我々はみんなと一緒に、この日本を盛り上げる活動をして行きたいと考えてます!

鮫洲検査場

名古屋の暴れん坊のモンスターミニのスペックは非常に素晴らしい!
スペックだけではなく、それが日常的に快適でもある乗りやすさが魅力的なのである。
ところで昨日、英国支店長よりメールがあり、英国のMED社の代表者も、このブログをご覧頂き(もちろん翻訳は支店長)非常に感激しており、今後、弊社を通じて日本のマーケットにも非常に協力的な配慮をして頂けそうなのだ!さあ、みんなでMED祭りを盛り上げましょう(と言うかお願いね!)みんなの気持ちが英国でもダイレクトに作用するのは、間違いない事なのだ!
DSC02081.jpgこちらはオースチンヒーレースプライトのMK-1。人気の衰える事のないカニ目(フロッグアイ)も我々の手にかかれば、バッチリセットアップされてしまうのだ!このスプライトは以前もこのブログで紹介させて頂きましたが、オーナー様ご自身でエンジンもサスペンションもインテリアも電装系もすべて作り上げた車両なのだ。我々はその為の部品の供給と少しばかりのノウハウをご提供したのみ。
そんな思い入れのあるスプライトもエンジンの慣らしが完了した今、再度エンジンのセットアップ完了後、パワー測定を行うと、余裕で100馬力以上をマークしたのだ。このスプライトもライトウエイトを逸脱したモンスターなのだな!

DSC02115.jpg DSC02113.jpg
話は変わって、昨日(26日)鮫洲の陸運支局に行って来たのですが、結構空いている印象があったな。若者の車離れと言う噂もあるし。。。ディーラーの新車販売も決して好調では無い様子だし・・・

鮫洲陸運支局と言えば、品川ナンバーの地域。でも、こんな景気だからこそ、今の時代、古き良き時代を思い出し、我々の様な「クラシック&コンペティション」が注目されているのだろう。「旧車を楽しみ、息長く、それと付き合う事ほど、エコロジーな事は無いのではないか」とボスも何年も前から警鐘していたな。

MED祭り そろそろ始めます!

こんにちは。いつも横浜本店ブログをご覧頂き、誠にありがとうございます!
最近ではブログネタの件にて、お電話やメール、店頭などにて、お客様とお話できる機会が増えてきて、非常に嬉し限りです。そんなありがたいお言葉を頂戴すると、私、非常に励みになります。感謝!

さて今日は、3連休の最終日。色々と遊びに行かれたみんなも、ご自宅で一休みされているのではないでしょうか?(商品を売り込むには今日がチャンス!WEBの代引き決済3%特別割引期間も明日で終了しちゃうし。。。)
では、(下心見え見えですが)今日は先日発売されたミニプラス誌や当ブログでお馴染みの名古屋の暴れん坊MED搭載モンスターミニの続報です。
DSC01994.jpg DSC02029.jpg DSC01931.jpg
DSC02035.jpg DSC02075.jpg DSC02076.jpg
タートルクラブマンカップ終了後、名古屋の暴れん坊のモンスターは更なるチューンナップの為に、横浜本店ガレージに入場。情熱的なお客様には、我々も全力で最新の部品・素材と、最高の技術をご提供したいと思っているのだ。それで、その最高なメニューには、最善の数字でお客様にご提供する役目が私にはあると思っている。
以前、所沢ブログで紹介されたMEDフルレーススペックチューニングヘッドをこのモンスターに採用させて頂いたのだ。このフルレーススペックヘッドの詳細は所沢ブログをもう一度ご覧頂き、復習されてくださいね!
このヘッドのバルブ径はタダものではない。一般的なハイリフトロッカーアームやローラーロッカーなどでは100%満足できない代物。そう、ご察しの通り、ビックサイズバルブの為、バルブがオフセットされているので、ローラーアームのローラーもその分オフセットされている「スペシャル」を採用しなければ100%の威力を発揮しなのだ!しっかし、レースパーツって素材も贅沢だし、加工も実に美しいですね。

DSC02067.jpgそして、組上がったMEDチューニングパーツを身にまとったモンスターを、本日所沢店でセットアップ&パワー測定を行った。ミニプラス誌の企画・記事通り、このミニは普段は通勤快速仕様として愛用されている。が、我々はそれを通勤最速仕様へとセットアップを図る。
※最初にお話しておきますが、このモンスターには、MEDローラーロッカーパーツは前回のチューンナップ前に装着済みで、今回はフルレーススペックのヘッドのみのチェンジをしたのです。で、この前のチューニングヘッドはリチャードロングマンのGT14ULが装着されていたのだ。この商品も素晴らしく、一般的にスポーツ走行からレース車両まで採用されているが、今回のMEDチューンヘッドは、なんと前回のセットアップよりも12馬力もアップしたのだ。もちろん通勤最速仕様だから、低回転域から中・高回転域に至るまで、モタツキ感は一切ない!ヘッドを交換しただけで、劇的に変わる。現在、カムシャフトは街乗り優先仕様になっているが、もう少しレーススペックにシフトしたら軽く125馬力程度はマークするだろう(と、セットアップしたボスが言っていたのが印象的だった)これからチューニングをご計画のお客様は、このパフォーマンスを見逃すハズないよね。これを見逃したら、レースに出場しても、入賞を逃しちゃうもの。商品のお値段を比較しても、誰もが納得する事、間違いなし!ね!
DSC02082.jpg DSC02083.jpg
MEDチューンナップパーツはまだまだ沢山ある。。。これから英国よりどんどん入荷する。。。
ボスと私と所沢店長、そして工場長。全員一致の意見で、次なるタートルクラブマンカップに向けて、各相棒のエンジンを年内には降ろし、お客様のモンスターに対抗できるチューンを開始する決心!

とにかく凄いモンスター。今日のセッティング後のパワーチェック風景を紹介させて頂きますね!
シフトチェンジは普通なのですが、トップスピードまでの時間が非常に短い事に気が付くあなたは、この冬、もしかしたらMED病に感染するかもしれないぞ!



タートルゴールドプレート!

誰もが知っている金の延棒。あるんだな。タートルにも。。。高級なタペットプレート。
DSC02060.jpg今までこのプレートを装着して何十回もレースに参戦して、その筋ではちょっとは有名なのよ!光ものだし・・・・・・と言うのは冗談です。冗談。
実はこの間、所沢店長からプレゼントされた贈り物なのだ。この金の延棒は所沢店長も数年間に渡り、保管されていた様子。
横浜本店に持ち帰り、自慢げにボスにそれを見せると、ボスはニッコリ微笑み、机の一番上の引き出しを引いたのだ。   (そこには全く同じ延棒があったのだ)

DSC01948.jpg
そりゃそうだな。ボスが知らない訳ないし、持っていない筈がない。
でも、この延棒は十年以上前に英国で制作されたものなのだそうだ。
当時、英国支店にも、この「型」があったんだろうな。
この延棒は非売品。全部で何枚ぐらいあるのかな。
遊び心あるアイテム。だけど、非常にコストと手間がかかったアイテム。

時間が経過しても、人を楽しませてくれるアイテム。
我々も、いつまでも色あせない仕事をしていきたいな。

英国車BANZAI!

今日から3連休のお客様も多いのではないでしょうか。
今朝は所沢店を出発して、東京都町田市お住いのI様よりご用命頂いたジャガーMK-Ⅱの車検整備が完了したので納車の為にお伺いさせて頂いた。
DSC02010.jpg英国車の代表的な高級車。このジャガーは細部の細部まで、手が入れられ、誰もが振り返る(車内を覗きこむ)程の素晴らしいコンディション。大人の相棒って感じがして、私もあと十数年後には相棒にしたいな。それまでには、この様な高級車に似合う(相応しい)人間にならないといけないですよね。少しでも早く「分相応」になれる様にお客様にビシビシ鍛えて頂かなくちゃいけないな。そして上段にはMGA。そうなんです。今日も2台同時にオーナー様へ納車させて頂くのだ。ご自宅のガレージには、その他にも英国旧車も数台ご所有されているのだ。それらは確実に芸術品の域に達しているコンディションばかり。。。
DSC02013.jpgそして、私はうっかりしていたのです。。3連休の初日の朝なのに、通常のペースで出発してしまい、案の定、渋滞にハマってしまったのです。お客様とのお約束時間にも大幅に遅れてしまい、お客様のペースも乱してしまったのだ。
しっかし、そんな渋滞真っただ中のみんなはお出かけだからウキウキでしょ?私はハラハラ。。だって、この画像のポイントから約20km先まで渋滞しているのだもの。。。想定外の想定外って感じ。でも、もみじ狩りもそろそろピークなのかな?

みんな、交通事故だけは十分に注意して、安全運転を心がけましょうね!

ターゲットマーク!

昨日は横浜本店は定休日。
久し振りにショッピングに出かけ、ずっと前から気になっていた「コンバース」をGETできたのだ。
DSC01987.jpg
久し振りに自分の満足のいく買い物ができ、我ながら満足(お恥ずかしながら私は靴で幸せ気分100%なのだ)お気に入りの靴がGETできれば、その靴にも自分なりにチューンナップしちゃおう!と思い、英空軍でお馴染みの「ターゲットマーク」の靴ひもを採用してみたのだ。
感覚のニブイ私は、最後の最後で気が付いたのだ・・・・・
靴ひもの長さが足りない・・・・・
ハイカットシューズではヒモ通し穴を2個残して装着完了。普通のシューズなら問題ない長さ。ちびっ子シューズの場合は余裕でOK!
太い靴ひもは「かんぴょうヒモ」と呼んでいたものですが、今の若者には???なのかな。

自分には絶対アリじゃない!と思う事にチャレンジすると、気分転換になり、それがキッカケで新しい展開が待っているかもしれないもんね!

初めての車!

以前にタートルのみんなでライセンスを取得した時からJAFの会員になってる私。
JAFと言えば、以前、仕事の移動手段として使用していたマーチやインスパイアなどでは、一度づつぐらいお世話になった経験があるのですが、ミニでは一度もお世話になった事がないのだ!新車の国産車でもお世話になったのに、ミニでは一度もない。昔からそれに関しては、運が良かったのかな?
DSC01950.jpgさて、JAFメイトという会報が郵送されてくるのは毎月でしたっけ?隔月でしたっけ?つい数日前から自宅のテーブル上に置いてあったこの会報を、今日は何気なくチェックしてみたら「世良公則さん」の記事が紹介されていたのだ。世良公則さんと言えば、私の小学校時代のスーパースター。もちろん、今でも大活躍されているしカッコイイ。私もそんな感じのジェントルマンになりたい憧れがある。
それで、本題。何とも嬉しい、我々との共通点を発見したので、紹介させて頂いちゃいましょう。

DSC01953.jpg
一番最初に乗った車は何ですか?から始まった文章で自分も同じ経験があり、その文章に釘付けになり、中でも印象的だったのが「車=その人を象徴する」なんて言葉は、まさにビンゴ!!そして、その乗り方まで一緒。私のその時代は、神にもすがる思いで真夏の旧車でのオーバーヒート対策は、ヒーター温風をガンガン出して汗をかきながら走っていたもの。
今のみんなはどうだろう?

現代のハイテク車は、好みも質も、限りなくドライバーさんに合わせて開発されているから、何の不便も感じない。でも、旧車は違うんだよね。基本的には、個々の車に自分が合わせてドライブしなければいけないのだな。でも、私はそれが愉快でたまらない。だから、また乗りたくなる。自分が旧車にどんどん興味が湧いていった反面、現代の車を「移動の手段」として認識したのもうなずける。

話は変わって、そろそろ家のTVも地デジ対応のアンテナに切り替えなきゃいけないな。
時代は刻々と変化するけれど、自分の気持ちはいつまでも変わらないのだろうな。

東京スペシャルインポートカーショー2009

今年の5月にも参加した「東京スペシャルインポートカーショー」の打ち合わせの為、企画されている責任者の方とアイドラーズ事務局の大殿様が横浜本店にご来店!
DSC01928.jpg今年の5月に開催された時から早いものでもう半年経つんだな。そして、2009yの開催まであと半年後となる。日程は5月15・16・17日の予定で、もの凄い広さの幕張メッセで開催されるのだ。今年と大きな違いとして、来年は室内である程度の面積を「タートル専用ブース」として予約させて頂いたのだ。5月と言えば、ゴールデンウィークもあるし、その前月はタートルクラブマンカップもある。入場チケットも準備させていただきますので、来年の手帳をもう購入されたお客様は今からチェック入れておいてくださいね!

DSC01934.jpgそれから今日は朝からスタッフ全員でクーパーSをショールームインさせ、販売体制を整えたのだ。床や棚をぞうきんでクリーンナップし、その後はガラス掃除や事務所掃除と、年末の大掃除前ではありますが、ボスが積極的に掃除を開始。始めると「凝り性」の為、何でも念入りになってしまう性分なのだな。
夜はみんなより少し早目に仕事を切り上げ、大事なお客様のヒーレースプライトのテスト走行の為、ドライブを約60km程度楽しませて頂くのだ。テスト走行なので、緊急事態が生じた場合でも工場長と私はSOSのホットラインで結ばれているから安心なのだ。。。。。と思い、試しに工場長の携帯にSOSテストを行うと、留守電になる。。。。仕方無い、もう一度SOS。また留守電。。。三度目の正直でもう一度SOS(結構しつこい)する。。

愛情(?)が憎しみ(!)に変わる瞬間ってこんな感じなんだろうな。
しかし、うちの工場長は何をしていたのだろう?本番では期待しているゾ!

DOWNTON!

ミニ党のあなたなら解るはず!1275エンジン搭載のクーパーSにDOWNTONチューンが施されたご機嫌なMK-1があったら・・・・
DSC01915.jpgDSC01917.jpgDSC01919.jpg
これから横浜本店で販売開始予定です。ご覧の通り、正真正銘の極上車両。ボディーの裏までツルツルでピカピカ。しかもエンジン始動一発。すぐに走りだせるクーパーS。私の憧れのモンテカルロラリーシーンを彷彿させるインパネ。実に愉快だな!
今晩、このクーパーSの車内で一晩明かしても良いぐらいな勢いで一目惚れ。
DSC01924.jpg明日にでも販売体制を整え、バッチリ展示する為に、夕方、ボスと一緒にショールームのアンティーク家具のレイアウトを少し変更し、その場所を確保したのだ。
アンティーク家具に囲まれ、本物の旧車が展示される空間は、いつまで着座しても飽きない程なのだ。不思議と時間の流れが遅く感じてしまうんだな。
この大事なクーパーSは雨天未使用なのだ。明日の天気は心配なさそうだ。


興味あるお客様。今が狙い目よ!


移動日!

今日は大事なお客様の大事なお車をガレージまで納車させて頂く日なのですが、朝から小雨。
DSC01894.jpg普段はコンパクトな英国車ばかり運搬しているので、ベンツの220Sは非常にビッグサイズ!ルーフのクリアランスも慎重にチェック。この世界の名車はエンジン始動も一発!アイドリングも安定してベストコンディション。また、上段のルノーサンクターボは、私の若き頃に憧れたスポーツカー。そんな極上な220Sとスーパースポーツカーをこの手で触れられるなんて、なんて幸せ者なのだろうか。もちろん普段から身近にある旧英国車も同じ。
バックトゥーザフューチャーして、過去の自分に今の自分を自慢したい気分だ!この悪天候の中、非常に申し訳ない気持ちでキャリアカーを運転し、無事到着!

DSC01897.jpgそして、その後は横浜本店に一度立ち寄り、車を乗り換えた後、所沢店に向けて移動。渋滞の名所とも言われる環状八号線(良く歌詞にも登場する道路)で目を疑いたくなる光景を目の当たりにし、思わずシャッターを押したのだ。この車両のオーナーさん、勝手に紹介してゴメンナサイね。でも私は、ついこの間の休みに紅葉を見に行って、それから雪国まで足を延ばして「これから冬支度だな」などと感じるものがあったのに・・・・それで今日スノボーを積んで走ってる車がいたのだから・・・どこかからお帰りだったのか、これからどこかへ向かうのか。。。ここは東名高速の東京インターから関越自動車道の練馬インターへ向かう途中の位置。ちなみに時間は午後1時過ぎ。

DSC01902.jpgそして、午後3時より八王子にお住まいのお客様と車両の商談をさせて頂いた。お約束時間に間に合って一安心・・・お客様も時間通りにご家族でご来店され、現車をご確認頂き無事お話もさせて頂いた。我々で制作するタートルトレーディングクラシック(TTC)で良かったと思って頂ける様、今後は工場長にバトンタッチをして、来年の3月に納車に向けて準備をさせて頂かなくちゃ!
商談後は閉店まで所沢店に居たのですが、車検でお預かりさせて頂くお車や、ドレスアップをご用命頂いたお車など、どんどん増車されておりますぞ!
あと1ヵ月ちょっとで年末。パーフェクトに納車が完了する様に、みんなで頑張ろう!

しかし、ありがたい。感謝・感謝!





ミニプラスVOL26発売!

隔月に発売される「ミニプラス誌」が本日発売されました!
私にとっては、発売されるのが毎回楽しみにしているのです。
20081115125114.jpg 20081115125049.jpg 20081115112640-6.jpg 20081115112640-61.jpg
今回は、タートルクラブマンカップ開催時の内容も取り上げられていたり、恒例となりました「ミニスナップ」では、ご参加頂いたお客様(時間の関係上全員は取材できず申し訳なしと編集長さんがお詫びしておりました。私よりも申し訳なし!)など、バッチリ写ってるよ!みんな本当にいい顔してるね!記念の本になる事間違いないね!
今日一日、この本を片手に、この時の楽しい一時を思い出し、次回のクラブマンカップの開催地(福島県のエビスと仮決定しているけど・・・・)をボスと一緒に検索したりして。。。関西方面への進出計画も勃発したりして。
20081115112640-5.jpg 20081115112640-4.jpg 20081115112640-3.jpg
横浜モンスター製造工場で仕上げられたモンスターマシーンが通勤快速スペシャルで紹介されました。
「速い車は美しい」「美しい車は故障知らず」とは、よく言ったものだ!

これからも我々とお客様との間で、良きパートナーであり、良い刺激を感じながら楽しんでいきたいな。

紅葉シーズン?

ついこの間までの休日は、相棒と遊んでばかりいたので、昨日の定休日(くどい様ですが、横浜本店は所沢店と同じ木曜日休みになりました)でしたので、久し振りの家族サービスの為、今が旬?の紅葉を求めてドライブに出かけました。
DSC01886.jpgDSC01887.jpg
関越自動車道をひたすら突っ走り、群馬県の赤城インターで降り、近所のコンビニエンスのアルバイト店員さんに、ある程度の「道案内」をして頂き、積極的な目的地も決めず走り続けたら、新潟県の湯沢町まで行ってしまった。。。。これから本格的な冬を迎え、この町もスキーやスノボーを楽しむ人達で活発になるんだろうな。
それからビックリした事は、注意して見ると、何台かもうスタッドレスタイヤを装着していたのですよ。雪国はもうスタッドレスなのでしょうか?ビックリした。そういえば昨年は10インチのスタットレスタイヤが品薄になってたな。今から所沢パーツセンターに準備してもらわなくちゃいけないかも・・・

本格的な冬はもうすぐそこまで来ているんだな。

トコロテン!

昨日は終日、所沢店の若いスタッフの働きっぷりをチェックする為(冗談)に所沢店で業務をしていたのだ。
ショールームだけではなく、この所沢工場も相変わらず大忙しって感じ。
DSC01656.jpgDSC01659.jpg
しかし、世界の名車がこの空間に何台保管されているのだろう?
どの車を見ても、オーナー様の愛情を強く感じる事ができるのだな。この空間はもちろん室内なのですが、余分なチリやホコリから大事なお車を守る為に、クリアーなソフトシートをで養生しているのです。このシートが取り外されている車両は整備中か、整備後のボディークリーニングをしている最中なのですね。

先月末に開催したタートルクラブマンカップの前よりお預かりしている車両もあり、お客様にはお時間頂いて申し訳ない限りです。でも、そんなお客様から「イベントどうだった?」とかお言葉を頂くと、非常に嬉しくありがたい限りです。感謝申し上げます。

さあこれから年末に向けて、追い込みです。
しっかりと気を引き締めて、横浜本店スタッフ、所沢店スタッフ、英国支店長みんなで頑張って行こう!

イルミネーション!

この時期、もう街の街路樹や建築物、デパートなど、色とりどりのイルミネーションが美しく、通りゆく人の心を和ませ、また、ついつい見とれてしまう季節にになってますね。
DSC01603.jpg英国支店長が滞在中の最後の業務は、ボスと一緒に横浜本店のイルミネーションチューニング。この時期から年末まで通り行くご近所さんやご来店頂いたお客様の癒しに貢献できるよう設置したのだ!
英国支店長は「ここ数日はイギリスも寒くなってきたらしい」とご家族とお話されていた様子でしたが、支店長は元気ハツラツなのだ!ボスはジャケットを着用しているけれど、支店長はタートル特製の半袖のポロシャツを着用しているではないか!英国にすっかり慣れてしまった支店長は、この時期の日本は少し暖かく感じるのかな?とてもバイタリティー溢れる支店長なのだった。

DSC01605.jpgここはショールームのエントランス。ご来店頂いたお客様が全員ここを通るのですが、ここの場所から車両展示スペースまで、敷地の半分ぐらいの距離をず~っと(そうだなぁ30m以上はあるかな)イルミネーションチューンをしたのだった。最近のイルミネーションは、切り替えスイッチで点灯リズムが何種類も選択できる優れ物なので、色々表情豊かで楽しめるのですね。去年なんかTVでも、街中の有名なイルミハウスの特集なんかやってましたよね。
この季節しか楽しめない不思議と癒されるこのイルミ。

英国支店長は最後の仕事をやり遂げ、無事英国に戻られたのであった。

今回は英国支店長もタートルクラブマンカップに参加され、それ以外でも毎日一緒に過ごし、色々な情報交換や思い出もできたな。帰国後は英国より日本の英国車党のみんなをバックアップするハードな業務が控えているのだ。

我々はいつも世界を見ていたい。それが出来る事を誇りに思う。それがタートルなのだ!



富士山盛り

英国支店長が日本に滞在している間、ご近所さんの良く行くおそば屋さんへ昼食に行った時の事。
もう、すっかり冬の空気に包まれたこの時期でも、私はおそば屋さんへ行くと、季節感が無くなってしまうのだ!
DSC01602.jpgボスと英国支店長は、この時期、特に美味しく頂ける「鍋焼きうどん」を注文。工場長は「ざるそばの大盛り」を注文。「ざるそばの大盛」りと「大もりそば」は違うのね?地域により呼び方が違うのかな?「ざるそば」は頂上に海苔が無くて「もりそば」が海苔が付くんだよね?どうだったっけ?(話を戻そう)そして私は「ざるそばの富士山盛り」を注文。
画像のお品こそが、この日注文した昼食のおそばなのです。
どうです?この堂々とした末広がりの美しいおそばのマウンテン!


DSC01601.jpg見比べて見ると、その違いが解りますよね?
左側が工場長が注文した大盛りで、右側が私が注文した富士山盛り。これがこの後、自分の胃の中に入ると思うと信じられない光景なのですが、もちろんその後はおいしく完食しましたよ。(この時、英国支店長は、この量とズッシリ重いおそばにビックリしていたな)そして、これを完食した私に対してもビックリ。二重の衝撃を与えてしまったかな?
お陰様で、この日は夕方になってもお中が空かず、夜の9時過ぎの夕食まで、十分、腹持ちしたのは言うまでもありません。


気になるお値段ですが工場長も私も、共に同じ500円なのです。
こりゃ、お得ですよね!

タートルクラブマンカップ Aクラス!

今日でタートルクラブマンカップの最終報告となってしまうかな。
今回ご参加頂いたお客様、また、このブログをご覧頂き次回ご参加のご決心頂いたお客様、キッカケは色々ですが、次回のタートルクラブマンカップは福島県のエビスサーキットを予定しておりますので、みんなで盛り上がりましょうよ!これからも宜しくお願い致します。

さて、Aクラスに出走し、入賞したお客様とツワモノのマシーンを紹介しよう。
P1090768.jpg1位で中央のお立ち台でにんまりしているのはゼッケン24番の大木さま。スーパーセブンでダントツの速さで1位ね。ミニ乗りとしては、一緒に走るのは不利かな・・・と思ったのですが、2位のゼッケン32番のライジングの新井さまはチェッカーマーコスミニでガンガン攻めてるのね。このマーコスミニはメインのミニではなく販売車っておっしゃっていた様な記憶が・・・・ホントかな?でも速かったよ。群馬方面のお客様で、次回のタートルカップに入賞するにはライジングさんでこのマーコスミニのゲットのをお薦め。。。なんて、冗談です。。。次に3位はゼッケン8番のタートルカラーでお馴染みの(こちらも)新潟県:佐渡の暴れん坊おじさんの本間さま。表彰台はタートルBクラスで入賞を果たした遠藤さんが代理人。この時本間さまはマシーンをローダーに積み込んでいる最中だったのです。
番外編のご紹介もさせていただきますね。
4位はゼッケン38の松本さま。1380ccエンジンを搭載。
5位は名古屋の暴れん坊で横浜モンスター工場より誕生したゼッケン50番の飯尾さま。次回のタートルカップにもご参加頂ける予定なのだ。15日に発売されるミニプラス誌でも堂々デビューしますので、みんな注目してくださいね!
6位は我らの所沢店長!普段はTTR-1号車を手足のように操るタートルのエースドライバーなのです。
7位はゼッケン28番の田中さま。先日所沢モンスター工場より誕生したERAターボのオーナーさまのジュニアさんなのです。親子お揃いでのご参加。しかもタダものではないミニを所有。
8位はカーセールスアオキさん所属のJPS高橋さまミニ。この日、青木さんも同伴でサーキットに来られていましたね。

DSC01290.jpgDSC01265.jpgDSC01272.jpg


今日はムービーの見納めとなります。Aクラスの最強軍団の走りをご堪能ください。
では、まずは、コースインの風景です。ドキドキしちゃいますね。


次に決勝スタートです。みんな本気印ですよ。さあ、ご覧ください!


Thanks!!





タートルカップ Bクラス!

こんばんは。みなさん、ここ数日は動画をご覧頂いておりますが、如何でしょうか?
今日はタートルカップのBクラスのレース風景の紹介をさせて頂きますね。
P1090764.jpgこのBクラスは我が相棒などの1000cc未満の小排気量のCクラスとは全く違う走りを見せてくれていました。そして、Bクラス入賞車両がご覧の通りの面々なのだ!1位はゼッケン26の斉藤さま。2位はゼッケン41の関口さま。3位はゼッケン22番の遠藤さま。そして4位(残念ながら表彰台を逃した)は、所沢工場長だったのだ。
このシャンパンシャワー。みんないい表情してるでしょ?滅多に経験できない事だもんね。このシャンパンの準備もボスが考案したのです。私はプロ野球選手の優勝シーンに良く見かけるビールが比較的安価で準備できるので提案したのですが「泡が出れば良い」という訳ではないので、ボスが奮発して決済をしてくれたのだ。でも、シャンパンで良かった。ビールだったらきっと後悔していただろうな。。。。。
DSC01274.jpgP1090765.jpg
DSC01151.jpgDSC01438.jpg
DSC01278.jpg斉藤さま。早い段階でご参加のご連絡を頂いたのは、もしかしたら狙っていたのですね!Bクラスの優勝カップを贈呈し、次回のタートルカップまで、お手元に保管して頂く事、よろしくお願いします!次に関口さま。前回の本庄サーキットもご参加頂き、今回もご参加を即決して頂き、いつもありがとうございます!普段も所沢店にもご来店頂いて。。。私も奥様同様、関口さまのシャンパンファイトを拝見でき、良かったです!さあ、最後は新潟県の暴れん坊、遠藤さん。いつでも、どこでも必ずご参加頂く、古くからのチームタートルメンバーなのですね。しかし、童心の様な笑顔が今でも目に焼き付いてます。マシンもスペシャルなミニマイナスだし。。。次回もみんな楽しみましょうね!


このツワモノ達の熱い走りを是非、ご覧下さい。このクラス。面白いよ。横浜店のHIRAGAIミニもゼッケン22番の遠藤さまとバトルしてるシーンもあったり。。。。HIRAGAIミニも頑張ったね!


さあ、いよいよ残す所、Aクラスの報告ですね。次をお楽しみに!
つづく。。。。



タートルカップ「番外編」Cクラス!

続・続・クラブマンカップ情報。
タートルクラブマンカップにご参加頂いた全車両で、タイムトライヤルを行い、タートルカップのクラス分けを行い、レース開始。しかし、タートルカップの優勝カップは2個しか無いので、本当は2クラスに分けたかったのですが、今回は参加台数が多かった為、結局3クラスに分けたのだ。ですが、その3クラス目は残念ながら優勝カップなしなのだ。
でも、みんな熱い走りをしているよ!是非、ご覧あれ!


次は、Bクラス。
その次はAクラスを紹介して参ります。ちなみに、Aクラスがこの日、ご参加頂いた速い車両軍団なのだ。という事は、Cクラスのみんなは街乗り仕様からライトチューンのミニの軍団なのだな。
私はそのCクラスで奮闘したのだが・・・・・

つづく。。。。。

ムービーは楽し!

タートルクラブマンカップの記事。もうしばらくお付き合いくださいませ!
今日は3連休明けの火曜日です。このショールームのオープン後、約1年間の間、毎週月曜日(祝日の場合は翌日振替)が定休日でしたが、今月より所沢店と同じ、木曜日に変更となりました。皆様、お間違えの無い様、よろしくお願い致します!

さて、早速ですが、ムービーは楽しいですね。その時々の事が鮮明に思い出されちゃう。
今日は、今回たくさんのお客様を引き連れてご参加頂いた「ライジング様」の軍団とタートルお客様軍団のバトル場面を紹介しちゃおう!

このムービーには紹介されていませんが、ライジングさんのボスはタートルカップのAクラスで表彰台に上がったのだ。(それはあとでゆっくり紹介しよう)


次に、チームタートル横浜隊(急に呼び名が変わった!)のバトル風景。
我らのボスTTR850と我が相棒のTTR1000MOKEのバトル。小排気量だから、激しい走りではないけれど、我が相棒も必至に食らいついて頑張りました!


まだまだ、つづきますよ!

待ってました!

さあ、お待たせしました。各マシーンがコースイン!
DSC01253.jpgDSC01266.jpg
その様子は横浜スタッフのHIRAGAI君がしっかり記録を録画しているのだ!
本当は、これをリアルタイムでサーキット場より配信する為にパソコン一式を準備し、挑んだのですが、想定外の事態に見舞われた為、残念ながらそれが実現できなかったのだ!
このサーキット、NTTドコモ以外、携帯電話が「圏外」になり、ネットも使えなかった・・・・残念無念だったのだ。

そこで、今日から各セクションを紹介しよう。
まずは、コースを始めて走行する人も、慣れたドライバーさんも、みんな一緒にペースカーを先導に5周だけ、慣熟走行をしたのだ。


さあ、お次はどんなムービーが飛び出すか、お楽しみに!


続々と集結!

ゲートオープン間もなく、続々と集結してきたぞ!この日、ここに集合した英国車達は、み~んなツワモノに見えちゃう。受付を済ませ、ドラミも終われば、さあ、いよいよ出走する準備を開始しなきゃね!
IMG_7359.jpgIMG_7362.jpgIMG_7361.jpg
サーキットを走る基本中の基本は、飛散する可能性のあるヘッドライトやウインカーレンズなど、テーピングをする事ね。ここのサーキットはそれが特別厳しく、バッテンではダメで全面にテーピングが必要なのだそうだ。そこで、みんなの車のヘッドライトをボスと英国支店長がテーピングしてくれたのだ。それから、各自、車内やトランク内の荷物を全て車外に出し、フロアーマットなども一時的にはがす事も忘れちゃいけないのだ。
IMG_7354.jpgDSC01144.jpg
サーキット走行はベテランのお客様、初心者のお客様と様々。今回のクラブマンカップは、ある程度のスペック毎で3クラスに分けて、ある程度の時間割と台数制限を実施する事により安全で思いっきり走行が楽しめるように計画したのだ。そして、ご参加頂いた皆様のご協力のお陰により、順調で効率よく進行できたのではないかと思ってます!
DSC01163.jpgこちらは、ミニプラス編集部チームさん。エアバック装着のクーパーモデルでご参加頂いたのだ。そして、驚くなかれ!今回のクーパーはチューニングカーやマニュアル車ではないのだ!そう、オートマチックでブッチギリ計画がある様子。どんなタイムが出るか興味津津よ。ミニの後方部で颯爽と今か今かと出走の時を待っている紳士は、その昔、レーサーだったそうだ!あなどれないぞ。ミニプラス号!

DSC01150.jpgさあ、いよいよ英国支店長が自らチェッカーフラッグを手にされたぞ!
いよいよスタートする。まずは3クラスに分かれ、慣熟走行を5周ずつ消化し、フリー走行タイムに突入する。車両がコースイン、コースアウトもしっかり監視し、各コーナーにはポストマンも配置しているのだ。英国支店長は、それらのスタッフを取り仕切る役割をボスより任命され、ヘッドホンタイプの無線にて指示だしているのです。


さあ、ツワモノ達がコースインして来たぞ!

つづく・・・・・




朝一の儀式!

続・タートルクラブマンカップの報告です!

朝7時半。予定通りサーキットに到着。まず一番最初にした事は・・・・
DSC01134.jpgDSC01135.jpg
DSC01137.jpgDSC01138.jpg
空はすっかり日が昇っているね。そして、一日が暖かく過ごせそうなやさしい光。ボスと英国支店長と私は、実際にみんなで走るコースをグルっと一周じっくり観察しながら歩いたのだった。ボスと私は以前、このサーキットに下見に来て、大体のイメージは理解していたつもりだったのだが、実際に歩いてみると、結構なアップダウンの印象が強かったな。「森の中のミニモナコ」とても感じの良いサーキットだな!

IMG_7353.jpg次に行った事はスタッフ全員で、タートル特製「横断幕」を受付のピットとコース内のコントロール前に設置。この横断幕のお陰で、いよいよイベントが開催されたんだな!と印象強く感じたな。この横断幕を制作しよう!と発案と決断したのもボスなのね。この横断幕は、今後、いろんなイベントの時に持参したいアイテムになったのだ。

IMG_7355.jpgさあ、たくさんの英国車が集結して来たぞ!ゲートオープン後、30分も経過しない間に、こんなにたくさんのみんなが入場されたのだ。みんな早目に出発して、我々と同じく時間つぶしをしていたのですね。いやっありがたい。朝一なのに、みんなに「お疲れさま」と声をかけたのだが、やはりここは元気よく「おはようございます!」に切り替えて挨拶をさせて頂きました。

IMG_7356.jpgこちらは、横浜本店スタッフと所沢店スタッフの共同作業なのね(たまには一緒にやるのもいいでしょ?)受付開始後、瞬く間にお客様の列ができてしまった。おまけに、受付の際に必ずお渡ししなければならなかったタイムスケジュールやステッカーなどなど、段取りが悪く、スムーズにお渡しできなかった事は今後の反省点にしなかればならないな。

DSC01140.jpg定刻時間を少し遅れて、今回のご参加頂くお客様とお客様の相棒達が全員揃った所で、全員の意思表示を確認する為に、ドラミを行ったのだ。今までの人生、こんな経験をした事はないので、非常に緊張したな。アイドラーズクラブの清家さんの様に滑らかに舌が回らないし・・・・


ところで、今回のクラブマンカップの参加台数は・・・気になる所ね。。。
な・な・なんと総勢45台もエントリーがあったのです!凄いぞ!これはスタッフ全員で感謝感激。

さあ、いよいよ各マシーンがコースインして行きますよ!
どんなマシーンが紹介されるかな?次回をお楽しみに!

FC2Ad